※授業ではないけれど、スマ大生のみなさんに届けたい
 すてきな情報をお知らせします。
 広告収入は、京都カラスマ大学の運営費となります。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

本セミナーでは、移住した「定住人口」でもなく、
観光に来た「交流人口」でもない、地域と多様に関わる
「関係人口」という考え方を広く周知し、
「関係人口」となる人の裾野を広げることで、
プロボノ活動や地域の課題解決に関心を持つ人々を中心に、
地域と継続的なつながりを持つ機会・きっかけを創出します。

以下、詳細と申込方法です。
みなさまのご参加、心よりお待ちしております。

180719_news_01

1.主催:総務省
2.目的:
昨今、地方圏が地域づくりの担い手の育成・確保という課題に直面し、
また、人々が居住地以外の地域と関わるような機会が多様化している
現状を踏まえ、関係人口が注目されています。
本セミナーでは、月刊「ソトコト」編集長の指出一正氏による基調講演、
地域と人をマッチングしている実践者や関係人口としての
経験者等を交えたパネルディスカッションを通じて、
関係人口という、地域との新しい関わり方について知っていただけます。
さらに、関係人口として関わる人材を募集する
地方公共団体(モデル団体)との交流の時間も設けますので、
直接、募集の内容等について聞くことができます。

3.対象:
プロボノ活動や地域の課題解決等に関心を持つ、以下のような方々
・自分の好きなこと・挑戦したいことや、自身のスキル・知見を地域づくりに結び付けたい人
・移住・定住までは考えていないが、地域のために何かしたい・応援したいと考えている人
・新たな地域と「ふるさと」としてつながりを持ちたい人

4.日時&会場:
【東京会場】
三菱総合研究所(千代田区永田町2-10-3)
2018年8月3日(金)18:30〜21:30
【名古屋会場】
TKPガーデンシティPREMIUM名駅西口(名古屋市中村区則武1-6-3)
2018年8月21日(火)18:30〜21:30
【大阪会場】
TKPガーデンシティ大阪梅田(大阪市福島区福島5-4-21 TKPゲートタワービル)
2018年8月30日(木)18:30〜21:30

定員:東京会場150名程度、名古屋・大阪会場80名程度
参加費:無料

5.プログラム:
18:00 開場
18:30〜 開会挨拶(総務省)
18:40〜 基調講演 関係人口のつくり方 〜ぼくらは地方で幸せを見つける〜
講師:月刊「ソトコト」編集長 指出一正 氏
19:00〜 パネルディスカッション 「関係人口」という地域との関わり方
20:00〜 休憩
20:10〜 モデル団体PR(※)
20:40〜 モデル団体との交流会
21:30 閉場
(※)地域外の人材を呼び込んで、地域資源や伝統行事などを活かした、コミュニティ形成・地域活性化・魅力発信など、地域課題の解決に取り組む複数の自治体が参加します。

パネリスト:
【東京会場】(2018年8月3日)
【大阪会場】(2018年8月30日)
  月刊「ソトコト」編集長 指出一正 氏
  公社)中越防災安全推進機構 ムラビト・デザインセンター 井上有紀 氏
  建築ライター/NPO法人南房総リパブリック理事長 馬場未織 氏
  三菱総合研究所 主席研究員 松田智生(ファシリテーター)

【名古屋会場】(2018年8月21日)
  月刊「ソトコト」編集長 指出一正 氏
  公社)中越防災安全推進機構 ムラビト・デザインセンター 井上有紀 氏
  全日本空輸株式会社 客室センター 客室乗務員 松丸祥子 氏
  三菱総合研究所 主席研究員 松田智生(ファシリテーター)

6.お申し込み方法:
 下記URLのご案内ページよりお申し込みください。
http://i.r.cbz.jp/cc/pl/svxm7685/i3ers4a8e2q9/kyjoci1a/

7.お問い合わせ先:
株式会社三菱総合研究所
〒100−8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
地域への新しい入り口 『関係人口』セミナー開催事務局(担当:庄司、保住、横山)
MAIL:kankei-seminar@ml.mri.co.jp
TEL:03-6705-6129

台風7号の後、降りやまぬ雨の中、
不安な週末を過ごされた方も多かったと思います。
また、今なお復旧作業に従事されている方々にも
心よりお見舞い申し上げます。


京都市内では、常に誰かのスマホが
けたたましく警報を鳴らし続ける数日でした。

さて、このアラート、
小学校の学区単位で警報が出ましたが、
京都市内に最近引っ越された方、
大学生やマンション暮らしの単身の方のなかには、

「そう言われても、自分の学区がわからない!」

と焦った人がいても当然です。
ふだんから京都カラスマ大学には
「先週京都に引っ越してきたばかり」
という方が、まちを知る足がかりにと
訪ねてこられることも
少なくありません。

そんなことに思い至り、
事務局ではSNSを使って、
学区の全貌が分かる地図を紹介しました。

➡︎京都カラスマ大学のTwitter

京都市では、町内に次いで
「元学区」単位での
小さなコミュニティが今も健在で、
防災や地域活動などが
日々活発に行われています。

toshi26_1 (京都市ホームページ「町組改正と小学校」より)

都市における奇跡のような
とてもステキな仕組みですが、
まだ自分がどこを歩いているのか、
街全体の地図さえ把握できていない
「よそさん」「新参者」に、
学区名だけを連呼するのは、
ちょっと不親切。

どこを見ればいいのやら、
誰に聞けばいいのやら…。

今回なんとかやり過ごした方も、
いま一度、住まいや職場の位置確認を。

全部掲載された学区マップっていうのは
探し出せず、これでご勘弁。
このURLから、
該当地域をクリックしていくと
先に進めることがわかりました!

➡︎京都の統計ポータル

(しかし、漢字を正しく読むのもまた難解。苦笑)

36733962_1764382616942619_41386313454190592_n
長い雨の間、
あれだけ待ち遠しかった
青空を見上げながら、
今週はいつもよりゆっくりと
過ごすことを心がけたいですね。

そして、
今回の豪雨で被災されたすべてのみなさんに、
1日も早く、平穏な暮らしが戻りますように。

先日起きた、5歳児・結愛ちゃんにまつわる
悲しいニュースで心を痛めている方も多いと思います。

京都カラスマ大学でも、
2012年、当時(本物の)大学生でボランティアスタッフだった
藤 俊哉くんがこんな授業をつくってくれました。

社会課題を真面目に考える系授業は、
残念ながら応募人数も少なくなるのですが、
大きな事件が起こってから行政や社会の仕組みを嘆くのではなく、
「なにもない時にこそ「自分だったらどうか」を考えておく」ことが
よい社会のために一番大切なのではないかと思っています。

京都カラスマ大学でも最近はママさんスタッフが増え、
授業当日やミーティングにちびっこが参加していることも増えました。
でもスタッフも受講のみなさんも先生も、
誰も、子どもに向かって「うるさい」とか「外に出ろ」なんて言いません。
だって、20〜40代が集まれば、そこに子どももいる。
「それが当たり前の風景」じゃないでしょうか。

IMG_5793
よく勘違いされて
「スマ大のイベントはいつも満席」
みたいな言い方をされることもありますが、
カラスマ大学はイベント屋さんではないので、
授業づくりにはいつも、
小さくてもいいから社会課題にまつわる
「?」と「!」を込めるようにしています。

ここにある「学び」は、
専門的なことを教えるとか資格を取るためのものではありません。
「これまで興味がなかったこと」にこそ、
初めて触れるチャンス。
そのために、できるだけ無料で授業を解放しているのです
(助成金などで資金が潤沢だから無料なのではありません)。

この授業のレポーター・酒井直樹くんは、
このあと(本物の)教師になりました。
6年前のこの日、どんな学びがあったのか、
今、改めて、みなさんに読んでみてもらえたらうれしいです。

わたしたちひとりひとりが
ゆるくつながって、よい社会をつくりましょう。


過去の授業
2012年03月24日(土)
【児童福祉】
子どもとつながる、地域でつながる、私たちがつながる
http://karasuma.univnet.jp/subjects/detail/136


\放課後食堂オープン/

31206630_1749649968413958_7814708714652303360_o
京都カラスマ大学には、校舎がありません。
でも、わたしたちの活動を
応援してくれる人にだけ見える、食堂があります。
それは、毎月第4金曜の夜の
たった数時間だけ開店する「放課後食堂」。

「興味はあったけど、なかなか授業には参加できなくて」
「いつもスタッフは何やってんの?」
「こんなこと、一緒にやらない?」
「おなか減ったわー」

たぶんそんな相談が持ち込まれる、
ゆるりとしたたまり場的食堂です。
運営スタッフが、ちょっとした料理を用意します。
時には、見かねたゲストが
プロの料理をふるまってくれる日も、あるかも。

深夜食、、、もとい、
放課後食堂、ツキイチで開店します!!


開店日:5月25日(金)
時間:19時ごろ〜22時ごろ
場所:京都カラスマ大学オフィス
席料:ひとり800円くらいの予定
席数:10席。譲り合いをお願いします。
参加方法:人数確認のため、事務局宛メールをお願いします。
facebook のイベントページ
コメントをいただいても受け付けます。



開店準備・調理(どなたでも):
家族がいるから、早く寝るからetc…
どうしても夜は出づらい、でも参加したい、という方。
夕方からの準備時間に参加してください。
買い出し、皮むき、千切り、コトコト煮込んだりしながら、
他愛もないお喋りでもしましょう!
*16時ごろ〜 開店準備・調理します
*参加の意思は、できるだけ事前にお知らせください。


京都に健全なコミュニティの場を継続するため、
月1回の食堂開催をサポートしてくださる
個人・企業のパートナーを募集します。
食材(各回10食程度)、
物品(使い捨てない器、サンプル品など)、
技術(プロ、プロ級の料理の腕前など)の
提供を歓迎します。
京都カラスマ大学までご相談ください。



京都カラスマ大学は、
生涯学習を通してまちに未来をつくるNPOです。
「放課後食堂」は、わたしたちの活動の
趣旨に興味をもってくださる方、
運営をサポートしてくださる方、
共感してくださる方との
出会いの場として開催するホームパーティです
(営利事業ではありません。ご理解ください)

25498075_1348438671934787_7413939976351053333_n


\京都カラスマ大学のオープンオフィス/

シェアオフィス「SOLUM」の
ダイニングテーブルを囲んで
ごはん食べたりボードゲームしたり、
ゆるりとあたたかい時間を過ごしながら
「で、カラスマ大学って何してんの?」
「こんなこと、やらない?」
みたいなはなしができればいいな〜♫

京都カラスマ大学にご縁のある方、
わたしたちの活動に興味がある方、
我こそはサンタクロースだという方、
気軽に参加してくださいね◎


日時:12/23(土)12/24(日)11時ごろ〜21時ごろ
   好きな時間に、ふらっとお立ち寄りください。
場所:シェアオフィス「SOLUM」2階
  (京都市下京区正面通新町西入ル東若松町795-2)
参加費:ドネーション制



お久しぶりです。
スマ大スタッフのかみじまです。

亀岡の北町商店街と、スマ大が協働で運営している
コミュニティスペース「銀座屋(商店街共同ショップ)」
9月~11月、秋の営業を終えて冬季休業に入りました。
この秋の営業は、おかげさまでいつもお客様の笑い声が聞こえ、
とても賑やかなものになりました。

24059082_1284202371691634_8323833376388908048_n (1)

「お店」として始まった銀座屋。
スタートの頃は、悩みながらも値札やPOPを、
私が知っているお店を参考にして作っていきました。
看板も可愛らしく、幅広い世代に興味を持ってもらえるように、
徐々に変えていきました。


securedownload (6)

しかし、高齢者も多い商店街です。
文字が小さすぎて見えないなど、
教えて頂いて初めて気づく事が沢山ありました。
書き方も、縦書きがスタンダードな世代。
商店街のお母ちゃん達が使用しているモノには理由があったのです。
・POPは薄めの黄色い紙にマジックペンで、大きく書くこと
・商品を並べる箱も、黒より白の方が見やすいこと
・真っ赤なもうせん(敷物)を敷くと、晴れやかに見栄え良く感じる
などなど。


CIMG4529

今は、お洒落ではないけれど、
分かりやすく親切なディスプレイになっていると感じます。
そして、ご近所さんのセーフティネットとして、
自然なコミュニティカフェとして機能しています。

北町商店街とスマ大がお付き合いをはじめて7年、
私が参加させて頂いてからは4年。
この秋は、今までの活動が報われたような、
とても良い場所をつくる事ができました。


535270_1172958462723924_499696551618578740_n

銀座屋は来年3月、
毎年恒例のイベント「亀岡のおひなまつり」と連動して、
営業を再開予定です。
「亀岡のおひなまつり」では、
各商店で、受け継がれた雛飾りを展示します。
気候も良い時期、町歩きにピッタリのお祭りです。

亀岡、遠いと思ってる方も多そうですが、
JR京都駅から約20分でJR亀岡駅、
銀座屋はそこから徒歩10分の、小さな商店街の中にあります。

地図(Google マップ)
北町商店街FB

23032659_1515282475185969_8083230412236513436_n

こんにちは!
京都カラスマ大学スタッフの堀内仁美です。
サークル活動「スマ大・観戦部(仮)より
12月9日に大事な部活(試合観戦)
あるのでお知らせします。

その前に、ちょっとだけ、
部活ができた経緯をご紹介。

(長文いらん!って方は、
下の info だけご覧ください〜)

********************

京都に女子サッカーチームがあることすら、
知らなかった3年前の11月。

バニーズ京都 SC 」。

そのチーム名を知ったのは、たまたま偶然。
息子の恩師・千本哲也さんが
急遽このチームの監督になっちゃった!
という、
我が家にとっての大事件がきっかけでした。

当時のバニーズ京都は
「なでしこリーグ」の3部である
「チャレンジリーグ」から
落っこちそうな崖っぷち状態。
お世辞にも嬉しくない状況で
監督になっちゃったの?

やばくないですか? 千本監督!!

そんな不安な想いで
3部残留をかけたリーグ最終戦を
西京極陸上競技場へ観に行きました。

でも、私はその試合で
選手たちにすっかり
魅了されてしまったのです。
はっきり言って、
まだまだ弱小ちゃんチームやけど、
選手たちはキラキラしてて、
ものすごく一生懸命で、
勝利の瞬間の笑顔もかわいくて。

・・・「ジャイアント・キリング」
そうだ!ここから、のし上がるんや!

あ、ジャイアント・キリングとは
「弱者が強者を倒す」の意で、
スポーツの世界において用いられる言葉です。

この試合で感じた感覚を、
もっと誰かに伝えたくて作ったのが、
京都カラスマ大学のこの授業↓↓↓。

女子アスリートに聞くワークライフバランス
〜サッカーと仕事「好きなこと続けるって、こういうことかな」〜
http://karasuma.univnet.jp/subjects/detail/223

23131948_1515283018519248_2103227442771628095_n

授業を通じて選手の魅力にとりつかれた
受講生のみなさんと一緒に
「試合も観に行かなくちゃね」
「これからも応援しよう!」と、
めでたく誕生したのがこのサークルです。
サークル名の「(仮)」は
バニーズが2部に昇格したら取ろうね、と。

「観戦部」ですから、
バニーズだけではなく、
お相撲行こうとか、
バスケいこうよー、
馬が走るの観に行こう〜、
など、
サッカー以外のスポーツも
一緒に観戦する仲間もできています。
そして、バニーズのホームゲームには
スタジアムに自然に集まる仲間たち。
今では、選手の名前や特徴、
プレースタイルも分かってきて、
応援歌も大声で歌っちゃうのです。

23130678_1515282905185926_4269632218762229941_n

授業の時、副題につけた
「好きなこと続けるって、こういうことかな」は、
3年間で一周して、
わたしのところに戻ってきました。
始めた時のワクワク感より、
続けてきて見えてきた景色が
愛おしくてたまらない〜。

そして、今季。
いよいよ!サークル名から
「(仮)」を取る日も夢ではなくなりました。
バニーズ京都、この3年で確実に強くなっています。

・・・「ジャイアント・キリング」

お久しぶり、はじめまして、
観戦部員じゃない人も、
バニーズ京都SCの試合を観に行きましょう。
12月9日13時に西京極スタジアムで待ってますよー。
観戦部のマスコット、
うさぎの「バニラ」が目印です!!!

23167580_1515283271852556_4973002150753102808_n

********************

<information>

【入替戦日程】※観戦無料

■第1節 ホームゲーム
日時:12月9日(土) 13:00キックオフ
対戦:バニーズ京都SC 対 FC吉備国際大学Charme
会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

■第2節 アウェイゲーム
日時:12月17日(日) 13:00キックオフ
対戦:バニーズ京都SC 対 FC吉備国際大学Charme
会場:岡山県津山陸上競技場

8/31付(木)付の京都新聞朝刊「一緒にやろうよ」に
京都カラスマ大学を取り上げていただきました。
記者の長谷川真一さんが、
8月のクラウドファンディング授業に
目をとめて下さったのがきっかけでした。
ていねいに取材していただき、
ありがとうございました!

一緒にやろうよ
「切り口多彩、まちを学ぶ」京都カラスマ大学
(8/31付(木)付京都新聞朝刊)

kun_京都新聞_20170831

はじめまして、こんにちは。
スマ大スタッフのかみじまです。

18341808_1561498667203233_2234974544449758123_n

亀岡の北町商店街とスマ大が協働で運営している
コミュニティスペース「銀座屋カフェ(商店街共同ショップ)」。
この度、夏季休業を終えて、9/2(土)からオープンします!
亀岡、遠いと思ってる方も多そうですが、
JR京都駅から約20分でJR亀岡駅、
そこから徒歩10分の、小さな商店街の中にあります。

今回は、9月~11月の3か月間。
各商店のお母ちゃんたちと一緒に、
毎週末、店番を担当します。

19430193_1619752858044480_9219846885666202743_n

北町商店街とスマ大のお付き合いは、今年で7年目。
2013年9月の授業で作った「くつしたうさぎのぬいぐるみ」は、
今でも人気のお土産です。

16830888_1471558246197276_4914455583205556959_n

私自身は、今年で4年目のお付き合い。
はじめは、3月の「おひなまつり」10月の「亀岡祭り」など、
お祭りの時だけオープンしていたお店でしたが、
口コミでお客様が来て下さるようになり、営業日も増えていきました。
「お店」として始まったけれど、
高齢者も多いこの商店街、
今ではすっかりご近所さんのセーフティネットに。
自然なコミュニティカフェとして機能しています。

14563475_1315513281801774_4051933063425501799_n

最近では、のんびりコーヒーを飲みながら、
その場で手芸も楽しんでいただけます。
もちろん、おしゃべりだけでもOK。
銀座屋カフェ(商店街共同ショップ)は、
どなたでもご利用できます。

ぜひ、のどかな亀岡市に遊びに来てくださいね。

JR亀岡駅から徒歩10分。
土日祝のみ。
11時~16時に営業します。
地図(Google マップ)
商店街FBページ

こんにちは。みなさん初めまして。
8月6日の授業
【U30限定】大学生シングルマザーと考える、わたしにとって大切なもの
で、コーディネーターに初挑戦することになった
鈴木七海と申します。
京都大学経済学部に在籍しています、

学長の高橋マキさんとは
1年半前ほどに京都の西本願寺で出会ってから仲良しに。
西本願寺で仲良くなるってどうゆうこっちゃ!
と思う方も多いと思うのですが、
長くなるのでこれはまた今度。笑)

私は大学で、自分の人生について考える
学生団体「AmourFamille」を立ち上げました。
若者にライフプランを立ててもらうための
イベントを定期的に開催したり、
現状の社会保障や主に家族や労働の
社会問題に関する勉強会を開催したりしています。

kun_amourfamille

なぜこんなことをしているかというと、

「自分の人生について十分に考えられてない人が多いんじゃないか」
「それによって悲しい思いをしている人がたくさんいるんじゃないか」

と思うことがあるからです。

私はまだ20歳で、
仕事をしているわけでもないし、
結婚をしている訳でもない、
人生の何がわかって、人生について考えろと言っているんだ?
と思われるかもしれません。

でも、でも、
伝えたいこと、皆さんと一緒に考えたいことがあるのです。

たとえば、
一時期ネットやニュースで話題になった
「保育園落ちた日本死ね」というブログ投稿。
子どもができたときに保育園に入れなかったら、
私たちはどうやって仕事と育児を両立させるのでしょう?
大手広告代理店の過労死の問題もありました。
どうしたら楽しく働けるのでしょう?

人生は、きっと悩ましいことが多いのでしょう。
この機会にみなさんと一緒に考えたいと思うのです。

知らなくても、考えなくても、
うまくいく人はたくさんいますし、
しっかり考えていても
自分の思い通りにいかないのが人生だと思います。

しかし、実は人生の選択って
取り返しのつかないことってあるんです。
自分の望まない人生になったとしても、
知っていれば、考えていれば、
「あのとき知っていれば…」
「あのとき考えていれば…」
という後悔は生まれないと思いませんか?

そして、現代の日本社会で
どんな人生を歩むかというのは本当にいろいろです。
どんな選択もきっと素敵な選択肢。

今回は大学生シングルマザーという
なかなか珍しい選択をした
鶴田怜花さんに講師としてきてもらいます!

kun_鶴ちゃんprof

写真は、講師の鶴田さんと娘さんの愛ちゃんです!
幸せそうな笑顔ですね。

わたしたちのこれからの人生、
どうやって生きていくか考えてみませんか??
大学生も社会人も、同世代のみなさんと
8月6日にお会いできるのを楽しみにしています!!



【U30限定】
大学生シングルマザーと考える、わたしにとって大切なもの

日時:2017年08月06日(日) 10時45分 ~ 12時45分
教室:京都大学文学部第1講義室
先生:鶴田 怜花 / 大学生シングルマザー、AmourFamille / 学生団体
http://karasuma.univnet.jp/subjects/detail/266


カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ