※授業ではないけれど、スマ大生のみなさんに届けたい
すてきな情報をお知らせします。
広告収入は、京都カラスマ大学の運営費となります。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
対話型パブリックコメント・ワークショップ
「ゲリラ豪雨まで、あと1時間 ー局地気象が予測できたらー」
http://www.socialdisk.or.jp/archives/99

0001
1人で未来の社会を考えるのは、ちょっと大変。
だったら、みんなで考えてみましょう。
みんなで話したら、思いもよらないアイディアにたどり着くかもしれません。
私たちが、みなさんの声を政策に届けるお手伝いをします。

今回のテーマは、「ゲリラ豪雨の1時間前予測に基づく防災」について。
このワークショップで出てくる意見は、防災科学技術研究所にお届けします。
そして、防災科学技術研究所が提唱している「攻めの防災」に活かされます。

みなさんのご参加、お待ちしております。

*対話型パブリックコメントって?
 対話型パブリックコメント(略して対話型パブコメ)は、
 従来のパブリックコメントを発展させた、新しいパブリックコメントの仕組みです。
 私たちの行う対話型パブコメには、
 三つの方法(対話式、対面アンケート式、インターネット回答式)があります。
 今回のワークショップは「対話式」です。
 市民の意見・ ニーズを政策形成に生かすための研究プロジェクト
 「PESTI(=ペスティ)」によって研究開発され、
 一般社団法人社会対話技術研究所が社会実装を行っています。
 これまでの対話型パブコメに関する活動は、Facebookページでもご紹介しています。


開催日時:
2015年11月3日(火・祝)
14:00から16:30(13:45受付開始)

開催場所:
うめきた・グランフロント大阪北館1階
ナレッジキャピタル内 カフェラボ

スケジュール(予定):
13:45 受付開始
14:00 はじめに:ワークショップの進め方の説明など
14:10 専門家からの情報提供:ゲリラ豪雨の予測技術について
14:15 テーブルごとに対話
15:00 休憩
15:15 テーブルごとに対話(続き)
16:15 会場全体での情報共有
16:30 終了

参加費:
無料(お飲み物と軽食をご用意しています。)

全体進行役:
加納 圭(一般社団法人 社会対話技術研究所・代表理事、滋賀大学・准教授/京都大学・特任准教授)
「1980年生まれ、和歌山県出身です。市民の意見・ニーズを政策形成に生かすプロジェクトPESTI(=ペスティ)の代表をつとめ、研究開発成果を社会に還元するため一般社団法人 社会対話技術研究所を立ち上げました。これまでに「ロボット×未来×夢ビジョン」「鳥取県の地方創生」などをテーマに、対話型パブリックコメントを実施し、みなさんからの意見を届けてきました。」

情報提供:
中村 一樹(国立研究開発法人 防災科学技術研究所イノベーションハブ推進室・室長補佐)他数名
「議論の中で出て来た疑問にお答えします。」

対象:
16歳以上ならどなたでも

定員:
24人(要申込み)
4-5人ごとにテーブルに分かれて対話を行う時間があります。
お申し込み多数の場合は、ご希望に添えない場合があります。

お申し込み方法:
Webフォームにて以下の情報をお伝えください。
・お名前
・ご連絡先(Eメール アドレス)
・この催しを知った媒体(Webサイト、新聞など)
お寄せいただいた個人情報は今回の催しの運営にのみ使用いたします。

申込締切:
2015年10月29日(木)17:00
締め切り日から2、3日以内に、応募してくださったみなさまに結果を通知させていただきます。

その他:
託児室(無料)を設置します。
一般社団法人 社会対話技術研究所(Social DiSk)
http://www.socialdisk.or.jp

*詳細、お申し込み、お問い合わせは、リンク先のHPをご覧ください。

今年の始め、京都下鴨の地に生まれたシェアハウス。
その名はモリガマエアパートメント。
カラスマ大学では1月18日にそのシェアハウスを彩るデザインをお手伝いする授業を行いました。

ソーイングBeeピクニック~シェアハウスから生まれるおしゃべりな1日~


シェアハウスの共有リビングで使用されるこたつをみんなでデザインしたのです!
幅2m以上ある大きなこたつです。

モリガマエ こたつ before

そして、たいへんっっっっお待たせしました。ご報告が遅くなりました。
授業でみなさんがチクチク縫い付けたパーツをつなぎ合わせ、素敵の集合体が完成していたのです。

じゃーん!

1

こんな風にパーツを分割してそれぞれの木を作り(植林?)

217539754_624

それを繋ぎ合わせて入居者を包み込むような、大きなこたつが仕上がりました。


3
森ヶ前町という町に建てられたモリガマエアパートメントにはやはり森が似合います。

12名の生徒さんが自分のアイディアをひとつひとつ葉っぱとして縫い付け、美しい森をデザインしてくださいました。
クリエイターさんたちの身体も心も暖かくするストーリーのあるこたつです。

7

そろそろ秋の気配も強まってきました。
この木はどんなひとがどんな理由でデザインしたんだろう・・・などと思いを馳せながら
来るべき京都の冬を乗り越えてほしいです!

スマ大のサークル活動のひとつ「京都 町歩きサークル」。
第二回目のレポートが届きましたので、遅ればせながらご報告。

レポート担当は山崎さん♪
すっかり3月の恒例行事となった「東山・花灯路」のようすです。

Image5

3月15日、京都カラスマ大学・町歩きサークル9人で、東山花灯路を散策。
7日(雨)の下見や、12日(寒)と違い、
本日は人出が多い、アジア人、修学旅行生などなど…。

Image6

手書きシールを行灯に張る「来年も来たい」が多く見受けられる。
知恩院三門前で行われた、サンドアート(砂絵)は見答えあった。

Image1

Image8

風神・雷神、あやめ・杜若、祇園風景や舞妓が次々と描かれる。
円山公園を抜けて、祇園閣、ねねの道へと歩を進める。

会津と新潟の酒試飲、行灯コンペがあり、手書きの行灯カバーを「京」の文字に並べたりする

その横を、きつねの嫁入り行列がしゃんしゃんと通る

Image2

一念坂、二年坂、産寧坂から八坂の塔へ撮影スポットを歩く

Image11

Image10

下河原から安井の交差点に在る居酒屋で反省会をして、お開きとなった。

Image12

町歩きサークル(文/山崎、写真/てるてる、あべべ、かつ)

※授業ではないけれど、スマ大生のみなさんに届けたい
京都のすてきな情報をお知らせします。

3210_fix

夢ビジョン2020オープンセッション 霞が関で私の未来をブレストする!
第8回『ロボット×未来×夢ビジョン となりにロボットがいる世界どうなんの?』

ロボットという言葉を聞いて、何を連想しますか。
2015年、ロボットアニメーションで登場したような、自ら考え、
自ら動き、人の心に寄り添うロボットはいまだ登場していません。なぜでしょう。
2020年、私たちの暮らしはどう変わっているのでしょうか。
あなたの隣には、どんな姿形のロボットがいるのでしょうか。
もっと先の未来をイメージしてください。
私たちが幼かった頃に想像したロボットは生まれているでしょうか。
その時に、あなたに寄り添うロボットはどのようなロボットになっているのでしょうか。
2020年のちょっぴり未来のロボットのこと、みんなで話したいと思います。
もっと先の未来、どのようなロボットと暮らす世界になっているか、
みんなとイメージしてみたいと思います。
モデレーターや登壇者と”ロボットがいる未来”をテーマに
参加者の皆様と対話を行いたいと思います。

【開催日時】4月17日(金曜日)19時~21時
【会場】ナレッジキャピタル7階 ナレッジサロンプレゼンラウンジ
【登壇者】
 宮下 敬宏(株式会社国際電気通信基礎技術研究所 知能ロボティクス研究所 室長)
 新妻 実保子(中央大学 理工学部 精密機械工学科 准教授)
 麻田 卓哉(文部科学省 科学技術・学術政策局 研究開発基盤課 係長)
【定員】30名(18歳以上に限る。要:事前申込み)
【主催】文部科学省
【協力】一般社団法人 ナレッジキャピタル・PESTI
【詳細】http://www.mext.go.jp/a_menu/yumevision/1347745.htm

まちじゅうの桜の祝福を受け、新年度が始まりました!
引っ越しや進級などで、ライフスタイルが少し変わるよ〜
という方も少なくないかもしれません。

京都カラスマ大学事務局からも、春らしいお知らせを、ひとつ。

maki_prof_radio

2015年4月から、京都カラスマ大学学長の高橋マキが、
α-station(エフエム京都)毎週日曜日の
お昼の番組「α-DAYLIGHT CALL」内「Fit for My Life」コーナーに
スペシャルDJとして登場します!

毎週、「光ってる女性」をゲストにお招きして、
そのライフスタイルやおしごと、京都との関わりなどについて
お話をうかがうコーナーで、
京都カラスマ大学の番組、というわけではありませんが、
話題にあわせて授業のお知らせをしたり、
先生にゲストに来ていただいたりする日もありそう〜。

さっそく、4月5日(日)の生放送から、スタートです。
どうぞ、聴いてやってくださいね!
α-station「Fit for My Life


と、お知らせしようと思っていたら。

姉妹校の札幌オオドオリ大学の猪熊学長も、
AIR-G’(FM北海道)のDJに初挑戦!との情報が〜。笑
「hello! HOKKS(ハロー・ホックス)」
https://www.facebook.com/hellohokks

11070826_824725334265321_4809928139209403758_n

普段はほとんど連絡なんて取り合わない姉妹校メンバーなのだけれど、
全国で同じ志をもって活動している仲間だから、
こうやって時々、違う街で「同じこと」が起こるのは、とてもおもしろい。
これっていわば、
「社会がそういうふうに動き出している」
という実感とか手応えみたいなものを得られる瞬間。

スマ大生が札幌の放送を、ドリ大生が京都の放送を、
今やラジコ(radiko.jp)で聴けちゃう時代。
週に1度、ラジオで姉妹校に留学してみませんか?

京都カラスマ大学の姉妹校についてはこちら
http://www.shibuya-univ.net/sisters-school/

スマ大のサークル活動のひとつ「京都 町歩きサークル」。
少人数からはじまり、だんだんと人数も増えてきました。
いままで、あまり活動の場を報告してこなかったのですが、
2015年、活動日記、はじめます。

記念すべき第一回目の担当は、かつさん。
町歩きのようす、お楽しみください~♪

Image3

今年初めてのスマ大町歩きサークルの活動は「歩き」の月で嵐山へ、、、
この時期には珍しい好天に恵まれて人ごみの少ない嵐山を堪能。

ただし、結果的には町歩きでどころではなくほぼ「山登り」のような
ハードな散策で参加者の明日の筋肉痛が心配されます。

最初の訪問先は十三参りで有名な法輪寺へ。
急な参道を登った先で出迎えてくれたのは、狛犬ならぬ狛牛と狛虎です。
そしてこの法輪寺を選んだ理由となった羊の像との対面で無事に今年の干支に出会うことができました。

Image11 Image4
そして法輪寺の後は来年の干支である猿を見に行こうということで
お隣にある嵐山モンキーパークへ。
ここには120頭もの猿がほぼ野生の状態で生活をしており、面白いことに
人間の方が檻小屋に入って外の猿に餌をあげるというスタイルでした。
またここは160mの高台にあり、ここから京都市内が全貌できるという好ロケーション。
今日は京都タワーから比叡山までよく見通せていました。

Image9 Image7 
Image6 Image12
そこから下界に降りてきて、一息休憩タイムを挟んだのちに今度はすぐ近くの
世界遺産 天龍寺へ。

ここはダルマと庭園で有名なところで、やっと平らなところでゆっくりと散策を楽しみました。
冬の庭では、かろうじて蝋梅が花を咲かせており芳しい香りを放っていましたが、
春の花のシーズンはさぞかし見事な景観かと想像できます。
ただ、多分のその時期には人出の方もピークを迎え今日のようなのんびりした時間は過ごせないんでしょうね。

Image8 Image10
天龍寺を出たところで本日の4時間強の町歩きサークルの活動は終了しました。
来月は「ごはん」の月ですが、どんなお店に行けるのか、今からもう楽しみです。

Image1
町歩きサークル(文/かつ、写真/てるてる)


市民しんぶん 下京区版『下京のひびき』
「下京ALLSTARS」のコーナーにて
京都カラスマ大学学長 高橋マキのインタビューを
掲載して頂きました!

shimogyono hibiki 2014 11:15
※画像はクリック(タップ)していただき、画像だけのページに移動してから
もう一度画像をクリックして頂くと拡大表示できます。


京都カラスマ大学は今年で7周年!!
これからもよろしくお願いします。

市民しんぶん下京区版 『下京のひびき』
http://www.city.kyoto.lg.jp/shimogyo/page/0000012778.html

※授業ではないけれど、スマ大生のみなさんに届けたい
京都のすてきな情報をお知らせします。

──────────────────────────
【今週土曜日開催】
京都でお話を聞くレアなチャンス!
パラリンピック選手 佐藤真海氏による
講演会のお知らせ
──────────────────────────

Mami-Sato

2020年東京オリンピック・パラリンピック招致の
最終プレゼンテーションを行った佐藤真海さんの講演会。
プレゼンテーションで審査員を魅了し、
東京招致の決め手となったのでは、とも言われる佐藤さん。
病気と闘い、困難に向き合う心の持ち方、
スポーツへの情熱が支えた日々、
社会を元気にするスポーツの可能性などについて、
トーク形式で語っていただきます。
本講演会は、2015年4月に開設される
京都学園大学太秦キャンパスを記念して開催されるもので
入場は無料。どなたでも参加できます。
お近くの方、ご興味ある方は是非ご参加ください。

【開催日時】2014年11月15日(土)14:00~16:00
【会場】シルクホール(市バス「四条烏丸」バス停南側すぐ)
【申込・問合せ】事前のお申し込みが必要です。
申込フォームはこちら
https://new.kyotogakuen.ac.jp/form/Paralympic20141115
電話での申込はこちら
Tel:0771-29-3593(京都学園大学 研究・連携支援センター)
【詳細】http://new.kyotogakuen.ac.jp/event/2833.html

京都人のつくる無料観光情報誌『京都いいとこマップ』
「今出川おすすめスポット」のコーナーにて
Re:(リコロン 衣料品再生プロジェクト)を掲載して頂きました!

20141027_Re;
※画像はクリック(タップ)していただき、画像だけのページに移動してから
もう一度画像をクリックして頂くと拡大表示できます。



持木さん、いい顔してます。(笑)

『京都いいとこマップ』はWeb配信もしておられるので
是非、一度ご覧になってはいかがでしょうか?

京都人がつくっておられるのでまちがいなし!
京都いいとこマップ eBook版

Re:(リコロン 衣料品再生プロジェクト) facebookページ 
https://www.facebook.com/recolon.kyoto?fref=ts

α-station(FM京都)の「α – DAYLIGHT CALL Fit for My life」にて、
学長の高橋マキが、京都カラスマ大学についてお話しました。

141012

アーカイブは、スマホからも、世界の裏側からもお聞きいただけます。
DJは、京都生まれ京都育ち、学長とも家が近所と発覚した!!(笑)
京都発のJAZZバンド「jizue」の片木希依ちゃん!
希依ちゃんにも、いつか音楽の先生をお願いしたいですねー。

アーカイブはこちらから!
α-station「α-DAYLIGHT CALL Fit for My life」
http://fm-kyoto.jp/blog/fit_for_my_life/2014/10/12/

先週放送の前篇はこちら。
http://fm-kyoto.jp/blog/fit_for_my_life/2014/10/05/

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ