京都カラスマ大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. ゼミ・サークル
  8. 支援サポーター
  9. 姉妹校

お店・教室詳細

酒器 今宵堂 (酒器工房・ギャラリー)

京都市北区小山上内河原町52-5

■電話:075-493-7651
■アクセス:地下鉄「北大路駅」1番出口より徒歩5分、地下鉄「北山駅」3番出口より徒歩10分
■営業時間:12:00~18:00
■営業日:土・日・祝日 ※臨時休業など詳しい営業日はWebにてご案内
■公式HP:http://www.koyoido.com

この教室・お店のアクセスマップを見る


ココの「スマ割。」

商品お買い上げの方に箸置1個プレゼント

「スマ割。」を利用する場合、校章(缶バッジ)が必要です

【スマ大スタッフからの一言メモ】
京都府立植物園の近く、賀茂川を越え、加茂街道を少し西に入った閑静な住宅街に、今宵堂さんはあります。
街並みに溶け込んだゆったりとした佇まいの町屋は、酒器工房、ギャラリーだけでなく、オーナーである上原さんご夫妻のご自宅も兼ねているそう。
オープンに戸の開け放たれた店内に一歩入ると、小上がりになって靴を脱ぐスタイル。
上がるとまずはギャラリースペースが広がっていて、ゆっくり、友だちの家にでも遊びに来ているような感覚で、酒器を愉しむことができます。
そのすぐ奥は工房になっており、そのさらに奥には箱庭がみえる、なんとも贅沢でありながら落ち着いた空間。
「お茶でもどうぞー」と、とっても優しい笑顔の上原さんがおもてなしをしてくれるので、はじめて足を運んでも、思わずほっこりした気分になれます。
酒器は一見とてもシンプルなようだけど、よくみると程よくしゃれが利いていたり、遊び心があふれていたり、工夫次第でいろんな使い方ができそうなものばかり。
中でも私が一番心魅かれたのは、「千鳥足猪口」という、底にちいさな千鳥が一羽佇んでいるお猪口。「これ、可愛いですね!」に対して、「ちょっとふらふらして千鳥足なお猪口なんです~」と、上原さん。おうちでの晩酌が絶対楽しくなる、そんな酒器だと思いました。
お店に来られるお客さまは、遠方から調べてこられる方も多いようで、今宵堂さんでオリジナルの酒器をオーダーして、また京都に遊びにくるついでに受け取りを、という方も多いとか。
初めて訪れるのに、気張らずに、おうちのような感覚で入っていけて、まるでご近所さんのような感覚で、できあがった品を受け取りに顔を出す。
敷居が高いと思われがちな京都の、懐が深いならではの愉しみ方を感じさせるお店です。
(スタッフ ゆか)

開催予定の授業:

  • 現在予定はありません。

過去に開催した授業:

  • 過去に開催された授業はありません。