京都カラスマ大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. ゼミ・サークル
  8. 支援サポーター
  9. 姉妹校

授業詳細

【メディア】

京都・五条「のきさき市」の壁新聞をつくろう!〜地域の情報を、ていねいに多くのひとに伝える手法を学ぶ。〜

2013年04月27日(土) 10時30分 ~ 19時00分    教室:つくるビル
  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
※1:本授業の抽選は4月22日(月)に行います。抽選予約受付は4月22日(月)22時までです。
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、4月25日(木)24時まで先着順でお申し込みを受付いたします。
※3:制作材料費として、当日受付にて「おひとり1,200円」をちょうだいします。釣り銭のないようご用意ください。また、カフェランチ代と茶菓代は実費となります。持っている方は、デジタルカメラ(写真を撮る)、ノートパソコン(原稿を書く)をお持ちください。
※4:宿題として、授業当日までに五条通(堀川〜鴨川)を自分で歩いてきてください



最近、SNS疲れ、してませんか?

インターネットが普及し、情報過多の時代、
情報を「独自の視点で編集する」「ていねいに伝える」
そんな「あたりまえ」なはずのスキルが、改めて見直されています。

世の中に星の数ほど点在しているはずの
「すてきな取り組み」「すてきなモノ」「すてきなヒト」「すてきな街」…。
それらは、ただそこにあるだけではなく、誰かに見いだされ、
ていねいに伝えられることで、たくさんの方の耳に、心に届きます。

今回は、五条通というちいさな地域であたらしく起こる「のきさき市」を
「壁新聞」という小学生にもおなじみのアナログな媒体で
伝えるというワークショップを行います。

たった1日のうちに講義から実習まで詰め込んだ
少しスパルタなスケジュールとなりますが、
見る、知る、書く、撮る、編集するといった、「伝える」ための手法を学び、
プロの力を借りて、その日のうちに完成までこぎつけます。

できあがった壁新聞は、「のきさき市」イベント当日に向けて配布や掲示を考えています。
「よく見る」「よく聞く」「情報を整理する」「伝える」という手法を学びながら
地域の活動に貢献するちいさな喜びを知る1日になりますように。

<京都・五条「のきさき市」について>
五条通に暮らすひと、はたらくひと、生まれ育ったひと、クリエイターや企業、そして京都カラスマ大学が「五条通をもっとたのしく!」と手を繋ぎ始めました。そんなわたしたちの初めてのプロジェクトが「のきさき市」です。のきさきを貸してくださる五条通の方々と、全国のクリエイター(出店者)を縁結びします。
開催日時:2013年5月5日(日・祝)11時〜18時
▶京都・五条「のきさき市」ブログ
▶京都・五条「のきさき市」Facebook

【当日の流れ】
10:20 受付開始
10:30 はじまりのあいさつ ※授業開始時間が変更になりました
10:40 オリエンテーション(参加者自己紹介と宿題発表)
11:20 取材・インタビュー講座(ヤマグチノリコ)と編集・デザイン講座(早川宏美)
12:00 写真講座(松村シナ)
12:30 班分け発表
<昼休憩1時間>
13:30 班に分かれて現場取材
15:00 教室に戻って、誌面制作作業
16:30 先生によるライブ編集
17:00 入稿!!
<今日の感想とティタイム>
19:00 完成!!

【宿題】
授業当日までに五条通(堀川〜鴨川)を自分で歩いてきてください。

※注:制作材料費として、当日受付にて「おひとり1,200円」をちょうだいします。釣り銭のないようご用意ください。また、カフェランチ代と茶菓代は実費となります。持っている方は、デジタルカメラ(写真を撮る)、ノートパソコン(原稿を書く)をお持ちください。

(授業コーディネイター:高橋マキ)

ヤマグチ ノリコ / ライター/編集者

ライター・編集者、ときどきスマ大スタッフ。新潟生まれ。地域に根付く豊かな文化や物語を発掘すべく活動中。共著に『京都こっとうさんぽ』。 ▶京都でハナウタ。

早川 宏美 / デザイナー

長野生まれ。京都在住。 成安造形大学ファイバーアートクラス卒業。 京都のお店さん、企業さんの広報ツールの企画制作を行うデザイナー。 自分で描くイラストや手書きの文字を使い、手のぬくもり、や素朴さ、あたたかみを大切にした デザインを提案しています。 ▶Hayakawa Hiromi Works

松村 シナ / カメラマン/デザイナー

フリーランスでデザインの仕事をしながら、カメラ雑誌の掲載をきっかけに青幻舎のWEBマガジン「 京都/拠点 : work & life in Kyoto」の撮影を担当し、カメラマンとしても活動をはじめる。2012年より京都写真教室Tractを開講、講師を務める。その他1日カメラ講座やイベントを企画など 、京都を中心に活動している。 ▶torico.

今回の教室:つくるビル

住所:京都市下京区五条通新町西入西錺屋町25番地
電話:075-201-9631(代表)
※お問い合わせは所在場所についてのみ、お願いいたします。
 授業内容につきましては、京都カラスマ大学までお尋ねください。
 当日の連絡先:080-6177-0775

最寄り駅:地下鉄烏丸線「五条駅」
教室までの行き方:地下鉄烏丸線「五条駅」より、五条通を西へ徒歩5分。新町通北西角。歩道橋が目印です。

<バリアフリーに関して>
バリアフリー設計ではありません。ご来場の際は、お手数ではございますが、
事前に京都カラスマ大学事務局までご連絡ください。当日スタッフが対応させていただきます。
京都カラスマ大学事務局(karasuma@univnet.jp)


地図を見る

つくるビルは、「主体的に開かれたつくり場」をコンセプトとし、レンタルスペースであるアトリエ・オフィス、共用で利用出来るギャラリー、工作室、カフェ、ショップで構成される「制作のための場」。また、ワークショップ、セミナー、イベントの開催を通して、つくるビル入居者だけでなく、訪れる多くの人々に「つくる」ことの創造性や可能性に触れられる場となることを目標・指針としています。
http://www.tukuru.me/


まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://karasuma.univnet.jp/subjects/trackback/183/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


終了しました
カテゴリ:【メディア】
定 員 :12人
参加対象:書くこと、撮ること、伝えることが好きな方、興味がある方。実践型のひと。