京都カラスマ大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. ゼミ・サークル
  8. 支援サポーター
  9. 姉妹校

授業詳細

【日本文化】

今日は、いい囲碁の日。「座布団一枚分の小宇宙~プロが手ほどき!超初心者のための囲碁体験~」

2015年11月15日(日) 16時30分 ~ 18時00分    教室:ホテルカンラ京都
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
※1:本授業の抽選は10月30日(金)に行います。抽選予約受付は10月30日(金)20時までです。
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、11月12日(木)20時まで先着順でお申し込みを受付いたします
※3:本授業は、先生への謝礼として当日受付にて受講料おひとり1,000円いただきます。釣り銭なきよう、ご用意ください。
はい、ダジャレです。11月15日だから、いい囲碁の日。笑。
でも本気の授業をやります。だって、京都カラスマ大学ですから。

さて、「囲碁」と聞いて、思い出すものはなんでしょう。

「黒と白!」
「おじいさんの趣味」
「縁側?」

 ……(しばしの沈黙)。

「囲碁の誕生は今から約4,000年前の中国に遡るといわれていますが、
 当初はゲームとしてではなく、占いや天文学、
 あるいはカレンダーとして使われていたのでは?
 という面白い説があるのだそうです。」

「そして、世界中で競技人口が増え続け、
 今日、囲碁は世界80ヶ国以上で打たれており、世界選手権も行われている。
 とくに、ヨーロッパの囲碁人口は30万人以上にのぼるとも言われ、
 その数は年々拡大。いまちょっとした囲碁ブームが起きているんですよ!」

……し、知らないことばかり。
そして、もっと詳しく知りたいことばかり!!
座布団一枚分ほどの碁盤の上に、
なんだか、計り知れない小宇宙が広がっている気がしてきました。

「そうなんです。若い人にも、囲碁をもっと知ってもらいたいんです!」

ということで、今回、ずらり美女ぞろいでお越しいただく先生は、
20代・30代を対象とした囲碁初心者の会 「ごやねん」を運営する
関西のプロ棋士のみなさん。

囲碁といえば、黒と白と縁側しか思い浮かばない。
そんなあなたを歓迎します。
宇宙の端っこを、一緒に覗いてみましょう。


【当日の流れ】
16:15 受付開始
16:30 授業開始、ごあいさつ。先生の紹介
16:40 プロ棋士と、はじめての囲碁体験
17:40 はじめての体験を振り返る
18:00 記念撮影後、解散


(授業コーディネイター/高橋マキ)

田村千明 三段 / プロ棋士

四国で初めての女流棋士。星川信明八段の姪で、小学5年生からその指導を受ける。星川拓海四段、愛生二段とは兄弟のように育つ。 「関西棋院」プロフィールはこちら

石井茜 二段 / プロ棋士

埼玉県出身。囲碁愛好家で高校教師の父に教えられ、物心がつく前から囲碁を始め、小学2年生から緑星囲碁学園に通い、実力をつける。小学校5年で第14回全国少年少女囲碁大会4位入賞。翌1994年、6年生で第15回全国少年少女囲碁大会で決勝戦で大橋拓文を下し優勝。初の女子の優勝者となる。2014年、3年連続女流名人戦リーグ入り(前期陥落も即復帰)。 「関西棋院」プロフィールはこちら

出口万里子 初段 / プロ棋士

東京都世田谷区出身。囲碁愛好家の父から、幼少時に囲碁を教えられる。2010年8月1日付で入段。関西棋院では、1989年に榊原史子が18歳6ヶ月で入段して以来、21年ぶりの10代で入段の女流棋士となった。 「関西棋院」のプロフィールはこちら

西山静佳 初段 / プロ棋士

大阪府狭山市出身。幼いころは父親と将棋を指していたが、小学生の頃、当時流行したテレビアニメ「ヒカルの碁」の影響で自分には囲碁が合っていると感じ、小学校5年生から大阪市内の関西棋院囲碁学園に通い始める。その後14歳で関西棋院でプロの卵といわれる院生になり、本格的にプロを目指し、2014年12月に入団。 「関西棋院」のプロフィールはこちらl

今回の教室:ホテルカンラ京都

住所:京都市下京区烏丸通六条下る北町185
075-344-3815
※お問い合わせは所在場所についてのみ、お願いいたします。授業内容につきましては、京都カラスマ大学までお尋ねください。
当日の連絡先:080-6177-0775

・京都駅中央口より徒歩8分
・地下鉄五条駅8番出口より徒歩1分

<バリアフリーに関して>
教室はバリアフリー設計です。安心してご来場ください。
地図を見る

2010年秋にオープンしたデザインホテル「ホテルカンラ京都」。
東本願寺の北に位置するホテルの内観は和モダンテイストで、
「感×洛=カンラ」と名付けられたのが納得できる落ち着いた空間です。
各部屋にはヒバの木で作られた浴槽や畳の空間など
和と洋の折り合った素敵なお宿です。
ホームページはこちら


レポートタイトル:2人で作る宇宙、囲碁

大変なご縁がありまして、11月15日「いい囲碁」の日に囲碁の授業をしましたよ。

囲碁というと小難しそうで、ご年配の方々が腕を組みながらさしているイメージですが、
オープニングはなんとラップ。


「囲碁!いいの?you know? 囲碁いいよ!」


軽快な音楽と共に、囲碁の小ネタと囲碁の歴史を学べちゃう、
さらに記憶に残ると良いこと尽くめな曲で始まりました。


関西棋院の女流棋士さんが4人も来てくださり、
ゲームの始め方、石の置き方を教えてくださいました。

先生方は、若い人への囲碁の普及に努めて活動されていらっしゃる方々です。


小難しそうなイメージがある囲碁ですが、ルール自体は単純で、
石を順番に盤の交点に置くだけです。

あとは2,3個ルールがあるだけなので子供も大人も簡単に始められるゲームです。

誰の土地でもないところを2人で分け合う陣地取りゲームで、
囲った範囲が自分の陣地となります。

相手の陣地を狭めつつ自分の陣地を広がられたら勝ちとなります。



囲碁というのは大変性格が出るそうで、
攻めるのが好きな方、守るのが得意な方色々ですが、
どっちがいいとかはないそうです。

私は攻めようとしているうちに石を取られてしまい、
全体が見えていない性格が出ていました。
日常生活でも思い当たる節がいっぱいです。

自分の陣地をどう広げようかと考えていると負けてしまい、
相手が何をしようとしているか気づけると勝てるそうです。
相手の意図をくみ取る良い訓練になりそうです。


必ず対局前に挨拶をする、「礼に始める」という言葉が印象に残りました。

お互いの思考を読み合って勝負をつけるのでお互いに敬意を払うことが重要ですね。


授業に参加できなかったけど気になる方、
授業の復習をもう一度したい方は是非こちらから!

ごやねん (先生方の講座を受けられます) http://goyanen.com/index.html




レポート:かなっぺ
写真:さかい

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

1. 人生初めての囲碁。
ルールは意外と簡単かもしれないが何とも奥の深い世界のようでした。
これは人付き合いにはうってつけの遊びだと思います。
2015年11月24日(火) 11時16分(カツ)
ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://karasuma.univnet.jp/subjects/trackback/237/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


レポートUP
カテゴリ:【日本文化】
定 員 :30人
参加対象:どなたでも。小学生は、保護者同伴でお申し込みください。