京都カラスマ大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. ゼミ・サークル
  8. 支援サポーター
  9. 姉妹校

授業詳細

【デザイン】

名作椅子から学ぶインテリアデザインの現在・過去・未来
〜長く愛されるデザインって、理由があるんだ〜

2016年05月21日(土) 19時00分 ~ 21時00分    教室:D&DEPARTMENT KYOTO
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
※1:本授業の抽選は5月6日(金)に行います。抽選予約受付は5月6日(金)20時までです。
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、5月19日(木)20時まで先着順でお申し込みを受付いたします。
※3:本授業は、教材費+1ドリンク代としておひとり1,700円が必要です(受講料は無料)。釣り銭なきようご用意ください。
お気に入りの椅子ってありますか?

いつもごはんを食べているダイニングの椅子。
ぴりっと仕事するときのオフィスチェア。
一日の終わりにほっとするリビングのソファ。
学校も公共施設も劇場も「椅子があって人がいる」
そんな風景が当たり前になっています。

椅子の存在って
その場所と人をつなぐ「装置」のようにも見えたりしませんか。

でも、日本で日常的に椅子を使うようになったのは
たかだか100年くらいの歴史なんですよね。
明治生まれの私のおばあちゃんは
椅子のうえに正座なんかしてましたよ(懐かしい〜)。

それに比べヨーロッパでは、椅子の歴史がとても長くて
名作といわれる椅子が数多く作られています。

今回の先生は、ロンドンで「t.n.a Design Studio」を主宰する安積朋子さん。
家具や店舗などのデザインのかたわら、
世界の名作椅子の数々をクラシックからコンテンポラリーまで、
16分の1に縮小した精密な紙模型「1:16」として商品化しています。

ハガキ大に印刷とレーザーカットされている部品を組み立てると
手のひらに乗ってしまう小さな名作椅子と背景のジオラマができあがります。

これ、自分で組み立てられるんですよ。






100年以上前にデザインされた椅子ってどんな歴史があるんでしょう。
最近デザインされたものには、どんな工夫が施されているのでしょう。
もちろん模型作りのコツも、先生から伝授してもらいましょうね。




ちなみに、当日、模型は作りません。
でも、この授業で「1:16」を一緒に作る仲間を見つけましょう!
ハジメマシテのひと同士が、授業をきっかけに新しい関係を育む。
これも、京都カラスマ大学の「まなび」のいいところですから。


【当日の流れ】
18:45 受付開始
19:00 はじまりのあいさつ
19:10 先生紹介とスライドトーク
    ・名作椅子からみたインテリアデザイン古今東西
    ・1:16の組み立て方のコツを聞こう
20:10 1:16クラス編成
    ・一緒に1:16を組み立てる仲間づくり
20:30 先生に聞いてみたいこと
20:50 まとめ アンケート記入後解散

(授業コーディネイター:堀内仁美)

安積朋子 / 家具&インテリアデザイナー

1966年広島生まれ、京都市立芸術大学環境デザイン科&ロイヤル・カレッジ・オブ・アート家具デザイン科修士卒業。ロンドンでt.n.a. Design Studioを主宰。家具、プロダクト、商業インテリア、展示会の構成などのデザインを手がける。2009年に完成した英国の最高裁判所の裁判室と判事のオフィスの家具は、それまでの家具産業と職人との共労の結果として生まれた。ロンドン在住。

今回の教室:D&DEPARTMENT KYOTO

住所:〒600-8084
京都府京都市下京区高倉通仏光寺下ル新開町397
本山佛光寺内
電話:ショップ/075-343-3217
   カフェ /075-343-3215
※お問い合わせは所在場所についてのみ、お願いいたします。授業内容につきましては、京都カラスマ大学までお尋ねください。
当日の連絡先:080-6177-0775
最寄り駅:京都市営地下鉄烏丸線「四条」もしくは、阪急京都線「烏丸」

教室までの行き方:
・京都市営地下鉄烏丸線「四条」より徒歩約8分。
・阪急京都線「烏丸」より徒歩約8分。
四条烏丸交差点より南へ3筋目、高辻通りを東へ。


<バリアフリーに関して>
バリアフリー設計ではありません。ご来場の際は、お手数ではございますが、
事前に京都カラスマ大学事務局までご連絡ください。当日スタッフが対応させていただきます。
京都カラスマ大学事務局(karasuma@univnet.jp)
地図を見る

「ロングライフデザイン」をテーマに、物販・飲食・観光を通して地域の「らしさ」を見直す活動を行うD&DEPARTMENT の10 店舗目。本山佛光寺の境内に京都の工芸品やロングセラーの生活道具の紹介している。地域のコミュニティと連動するギャラリーを併設し、お茶所は季節を味わうカフェスペースとして展開。定期的に勉強会を開催するなど、さまざまなデザイン活動を展開している。

レポートタイトル:小人さんに座ってほしい椅子

四条烏丸の街中から徒歩10分の位置に、都会の喧噪を吸い込んでしまったような静かさがある場所がありました。
それが今回の教室である佛光寺境内の「D&DEPARTMENT KYOTO」。
今回は夜の授業。
ゆっくりと日が沈むのを待って授業が始まりました。


先生はロンドン在住の家具&インテリアデザイナー、安積さん。
先生のお仕事は、お店のインテリアなどを注文されたお客さんに、2次元の絵のイメージだけではなく、実際に人がどう動くのかイメージを膨らませていただくために作成される立体模型を作ることもあり、それがが高じて、名作椅子の紙模型が出来上がったそうです。

サイズは現物の1/16。このサイズが作るには小さすぎず、またかわいらしいと思える適切なサイズだそうです。さらに、それが、ちょうどハガキのサイズにまとめられています。
工作好きの友達に贈ってみたいと思いました。


授業では4種類の椅子についての愛を語っていただきました。
1820年 / シェーカーチェア…宗教的理由で装飾されていない機能美の椅子
1860年 / サセックス・アームチェア…ウィリアム・モリスの住まい「レッドハウス」のためにデザインされた椅子
1958年 / バタフライチェア…合板を使いながらも伝統の工法と組み合わせた椅子
1904年 / ヒルハウス1チェア…当時の流行だったアールヌーボー様式から一線を画す、近代のデザインを最初に体現した設計された椅子

この紙模型の特徴は、背景もあることです。
模型には床と壁が一面ずつセットされています。
それぞれの床や壁は、時代や、場所などを考証して選ばれており、椅子の美しさだけでなくその周囲の何かを感じることができ、ジオラマを覗く楽しさを演出することもできます。

たとえば先生が実際に作ったジオラマの例をあげると…
ゴルフ好きのお父様がスイングしている姿の写真を1/16に縮小して置き、窓の向こうにはイギリスのゴルフの聖地セントアンドリュースの写真を。
もう一つは、
写真好きのお父様が撮った家族写真を壁にかけ、その写真を撮っている姿を手前置いてみる。
家族の思い出がなんと1/16に収まってしまう、素敵な遊び方を教えてもらいました。
頑張って作って誰かを驚かせてみたくなります。

そして、何と今回の授業には宿題が!
グループごとに作った椅子の様子をカラスマ大学のFacebookページへWebアップします。椅子と壁と床は同じでも、先生のアドバイスも聞いているので「私だけのジオラマ」が出来上がっているかも?
京都カラスマ大学Facebookページへ

また、先生から開発の苦労話を伺いました。
椅子のデザインは版権が関係しますので、版権が切れているものを選んだり、版権の持ち主に会うタイミングまでに試作しておき、実際に模型を見せて交渉するそうです。
試作は何度も繰り返し、納得いくもの作るとのこと。仕事が上手な人ってこういうところなんだなって思いました。

先生の夢は、毎年4種類ずつ新作を出し、25年後には100種類の椅子を作りだすことだそうです。
100個椅子が並んだら圧巻だろうな。

実際に名作椅子を作ってみたくなった方はこちらから
新作4種も出ているようですよ!
One to sixteen


レポート:かなっぺ
写真:さかい

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

1. 授業以外にもう一度再会するという無茶ブリの企画。 実際は少人数でなかなか和やかに再会し、しかも懇親会まで楽しめた! まさにナンパスマ大、万歳!!
2016年06月16日(木) 14時07分(カツ)
2. カツさん、いつもコメントありがとうございます。みなさんに、さまざまなひとや場所に出会ってほしいという思いから「出会い系」を名乗っておりますが、「ナンパ」は推奨していませんよ。似て非なる、とはまさにこのこと?笑。
2016年08月17日(水) 10時45分(スタッフ)
3. こんにちは、
確かにナンパは失言でしたね、失礼。
良き出会いの場ということに修正いたします。
2016年09月08日(木) 12時52分(カツ)
ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://karasuma.univnet.jp/subjects/trackback/246/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


レポートUP
カテゴリ:【デザイン】
定 員 :30人
参加対象:どなたでも。 インテリアデザインに興味がある方。ミニチュアづくりの好きな方。デザインについて知りたい方、考えたい方。