京都カラスマ大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. ゼミ・サークル
  8. 支援サポーター
  9. 姉妹校

授業詳細

【旅する食べるゼミ】

食べることから世界を広げてみよう〜映画『いただきます』から家庭の和食のちからを知ろう編〜

2017年05月28日(日) 14時00分 ~ 17時30分    教室:Antenna Café & Space
  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
※1:本授業の抽選は5月18日(木)に行い ます。抽選予約受付は5月18日(木)22時までです。
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、5月25日(水)20時まで先着順でお申し込みを受付いたします。
※3:映画鑑賞・ワンドリンク・玄米おにぎりとおみそ汁代として、当日「おひとり2,800 円」をいただきます。釣り銭なきようご用意ください。
『旅する食べるゼミ』が
今回テーマに選んだ
ドキュメンタリー映画は
「いただきます」



京都では初めてとなる上映で、
太田敏監督ともお話しできる
スペシャル上映会。

印象的なのは子ども達の
生き生きした力強い姿と笑顔。
そして西園長のたくさんの心に届く言葉。
観終わった後には
あったかいみそ汁が食べたくなる映画です。



笑顔で健康でありたい。
大切な人にも健やかでいてほしい。

いつの時代でも誰もが持っている
想いではないでしょうか。

中国の医食同源と似た意味合いで、
日本には「食養思想」という
伝統的な考え方があるそうです。
食べることを整えることで
健康を保つ「食養思想」。
今回の授業での重要ワードです。

この、食養思想に基づいた
昔ながらの家庭の和食、
玄米・みそ汁・納豆を中心にした食事と
みそ作りから、食べることの大切さを
教える福岡の高取保育園が舞台です。

「知育、体育、徳育の根本に食の教育がある」
というのが園長先生の教育方針。
こうした教育方針のもとで
食が一因と言われるアトピーやアレルギーが
改善する子どもも多いそうです。

上映後は、
「浮島ガーデン京都」特製の
玄米おにぎりとみそ汁を味わいながら、
太田敏監督を先生にお迎えして
お話しをうかがいます。
最後は、参加者のみなさんと
感想や思いをシェアする時間も。

食べる。旅する。観る。聞く。感じる...。
伝統的な家庭の和食のちからを学び、
日本の食文化を深める旅に出かけてみましょう。

少し長めの授業ですが
お子さんを連れてのご参加も歓迎です。
(小学生以上の場合は食事の準備のため
 事前にメールでご連絡ください)



【当日の流れ】
13:45 受付開始
14:00 授業開始 はじまりのあいさつ
14:30 ドキュメンタリー映画「いただきます」上映(約 65 分)
15:35 休憩
15:50 玄米おにぎりとみそ汁(解説:中曽根直子先生)
16:05 トークセッション(太田敏監督と中曽根先生)、質疑応答
16:55 食文化や家庭の和食について語ってみよう。
17:20 アンケート記入
17:30 終了


この授業は、『旅する食べるゼミ』のゼミ授業4回目です。
テーマは、ひとと地球が抱える食の課題をオールラウンドに。
京都カラスマ大学の「授業」は基本的に1回完結ですが、
ゼミでは今後、文化、映画、旅、食などに
興味を持つみなさんと一緒に、
豊かにじっくりと学ぶ時間を紡いでいきたいなあと思います。

◆ゼミ生募集中◆
「旅する食べるゼミ」Facebookグループへはこちらから


(授業コーディネイター:濱上和恵)

太田 敏 / FILM DIRECTOR/PHOTOGRAPHER

自身の発病を、「食」を変えることで改善、以来20年来の食養食の実践者。もちろん、趣味は料理。本作「いただきます」では、企画、監督、撮 影、編集、スチール撮影、広告デザインを手がけた。セドナ、ハワイ、 ブラジル、琉球など世界中のネイティブ文 化の映像記録がライフワーク。旅の先々で、ミュージシャン、アパレルメーカーと撮影コラボを楽しんできた。「いただきます」 も、日本の伝統を映像記録、保存する活動の一環。魅力的な日本のじいちゃんばあちゃんを、「映像世界遺産」にできないかと、妄想中。公式webサイトはこちら

中曽根勇一郎 / 「浮島ガーデン京都」経営

1990年代後半より東京のテレビ、ラジオのディレクター、放送作家として活動し世界各地の音楽や食文化にふれる。2011年より飲食業界に転身し沖縄に島野菜レストラン「浮島ガーデン」をオープンさせる。2016年4月、京都に「浮島ガーデン京都」をオープンさせ、現在は京都と沖縄を拠点に、郷土の伝統文化の継承と進化に力を注ぐ。沖縄では、伝統文化や風習をモチーフにしたラジオ番組も企画出演制作を行う。

中曽根直子 / 「浮島ガーデン京都」フードデザイン/女将

2000年初頭に東京の「つぶつぶカフェ」大谷ゆみこ女史を師事し、マクロビオティックの世界を学ぶ。2008年に沖縄に移住後、島野菜と雑穀をテーマにした料理教室をスタートし、2010年に島野菜レストラン「浮島ガーデン」をオープン。沖縄本島や離島をまわり、有機農業の生産者さんたちのネットワークを育みながら、動物性を一切使わない独自の完全菜食(ヴィーガン)のスタイルを確立させて、2016年4月「浮島ガーデン京都」をオープン。

今回の教室:Antenna Café & Space

住所:京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町349-1

※所在地等のお問い合わせは京都カラスマ大学まで:080-6177-0775

最寄り駅:地下鉄「丸太町駅」2番出口より徒歩4分。または、市バス10、93、202、204番「府庁前 」徒歩1分。丸太町通の「宮本むなし」の角を右折。
地図を見る

アンテナカフェは、使い方自由のレンタルスペースです。京都地域の活性化を目的とし、地元の方や他府県のお客様のさまざまな活動の「拠点」としてご利用いただきたいとの思いから2011年に営業をスタート。関西圏の各大学に通う学生のインターンが店舗の企画や運営を行っています。
カフェスタイルの店内では、飲食も持ち込み自由・ネット環境やプロジェクターも完備・レイアウトも自由に変更していただけ、授業やセミナー・イベント開催に最適の施設です。あなたの「やりたい!」を形にする場にご活用ください。

公式HP:http://www.antennacafe.com/?karasuma

<バリアフリーに関して>
バリアフリー設計ではありません。ご来場の際は、お手数ではございますが、事前に京都カラスマ大学事務局までご連絡ください。当日スタッフが対応させていただきます。

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://karasuma.univnet.jp/subjects/trackback/264/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


申込受付中(先着)
カテゴリ:【旅する食べるゼミ】
定 員 :25人
受付開始:2017年05月11日(木) 10時00分
受付終了:2017年05月25日(木) 20時00分
参加対象:どなたでも/『旅する食べるゼミ』の活動に興味のある人/食育・日本の食文化に興味のある 人
応募方法:WEBフォームより<抽選制>でお申し込みを受付いたします。
※抽選後に定員に満たなかった場合やキャンセルが発生した場合は、<先着順>で受付を再開します。
※1回のお申し込みにつき、1名様の受講となりますのでご了承ください(小学生以下の小さなお子様は同伴可能です)。同じ方が同じ授業に2回のお申し込みはできません。
補足:【入場】教室には集合時間までに必ずご到着ください。10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加できませ ん。ご注意ください。

【交通手段】当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用ください。 近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。

【撮影等】常識の範囲でお願いします。
当日の持ち物:筆記用具、飲食費としておひとり2,800 円。