京都カラスマ大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. ゼミ・サークル
  8. 支援サポーター
  9. 姉妹校

授業詳細

【社会】

市民による文化拠点が生まれる前夜の集会〜クラウドファンディングについて知りたい2、3のこと〜

2017年08月19日(土) 14時00分 ~ 16時15分    教室:ワコールスタディホール京都
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
※1:本授業の抽選は7月24日(月)に行います。抽選予約受付は7月24日(月)20時までです。
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、8月17日(木)20時まで先着順でお申し込みを受付いたします。
※3:本授業は、受講料無料です。
2017年夏、京都の夏よりも暑い、いや、熱い、
ふたつの大きなプロジェクトが立ち上がり、
この小さな街を賑わせています。

“2017年7月に閉館となる立誠シネマが、
場所を変えて新たに生まれ変わります。
それも、今度は本屋そしてカフェと一緒に。
この場所を、今後10年、20年と続いていくような
文化発信地に育てていくための仲間を募集します。”

ーー出町座(仮)クラウドファンディングサイトより

“2015年から2017年にかけて、
所有者の高齢化(土地・建物売却の意向を受ける)や
建物の老朽化が主な原因で、5つの小劇場が閉鎖となります。
1984年より、左京区で京都の舞台芸術を担ってきた
劇場「アトリエ劇研」もまた、消えゆく小劇場の一つです。
「京都で生まれた舞台芸術の灯火を守りたい」
その思いからこのプロジェクトははじまりました。”

ーーTheatre E9 kyotoクラウドファンディングサイトより

方や、元・立誠小学校建て替えのため、
出町桝形商店街に
立誠シネマ改め、「出町座(仮)」が
映画館と本屋(とカフェ、ギャラリー)をオープン。
方や、この街から
小劇場が消滅の灯が消えゆくのを憂いて、
東九条に「シアターE9」という新しい
小劇場(とギャラリー、カフェ、レジデンス)が
産声を上げようとしています。

今、両者が奇しくも同時に
市民によるクラウドファンディングを募っています。

わたしたちの暮らす街から
映画館、本屋、劇場がなくなったら、何が困るの?
なぜ今、京都に「市民がつくる街の文化拠点」が必要なの?
彼らはなぜ、クラウドファンディングという手段を選んだの?

わたしたち京都カラスマ大学もまた、
市民、企業からの寄付(Donetion)にこだわり、
この街に「無料の学び」という文化の場を生み続ける
小さな団体です。
だからこそ、これからの京都の街に
今とても大切なことを、
彼らと顔を合わせて一緒に考えてみたくて
「記者会見」ならぬ「市民会見」のような場を
持ちたいと考えました。

「興味はあるんだけどなあ、、、」
これまで二の足を踏んでいた人も、
思わず「初めての寄付」をしてみたくなるような
暑苦しいほど濃密な時間を(注:館内はクーラーが効いています)
4人の勇者たちとともに紡いでみたいと思います。


【当日の流れ】
13:45 受付開始
14:00 はじまりのあいさつ、先生紹介
14:10 「Theatre E9 kyoto」プレゼンテーション
14:30 「出町座(仮)」プレゼンテーション
14:50 私たちの中のシビック・プライドを呼び覚まそう
15:40 質疑応答
16:00 アンケート記入後、解散


会場協力:ワコールスタディホール京都

(授業コーディネイター:高橋マキ)

あごうさとし / 劇作家・演出家・アトリエ劇研ディレクター

1976年、大阪府生まれ。80年代後半から90年代にかけて香港で過ごす。同志社大学法学部卒業。 「複製技術の演劇」を主題にデジタルデバイスや特殊メイクを使用した演劇作品を制作する。代表作に「total eclipse」(横浜美術館・国立国際美術館 2010)「複製技術の演劇—パサージュⅢ−」(こまばアゴラ劇場・アトリエ劇研 2013−2014)等がある。 2014年9月、アトリエ劇研ディレクターに就任。2014−2015年、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員として、3ヶ月間、パリのジュヌヴィリエ国立演劇センターにおいて、演出・芸術監督研修を受ける。京都国際舞台芸術祭2016 SPRINGにおいて、ショーケースキュレーターを務める。 神戸芸術工科大学・京都造形芸術大学非常勤講師。一般社団法人アーツシード京都 代表理事。日本演出者協会主催「若手演出家コンクール2007」最優秀賞受賞。2010年度京都市芸術文化特別制度奨励者 利賀演劇人コンクール2012奨励賞受賞。2013-2014公益財団セゾン文化財団ジュニア・フェロー。

蔭山陽太 / 「ロームシアター京都」支配人兼エグゼクティブディレクター

1964年、京都市生まれ。83年大阪市立大学経済学部入学(89年中退)。86年〜90年、札幌市内の日本料理店にて板前として働いた後、90年に株式会社俳優座劇場 劇場部に入社。同劇場プロデュース公演の企画制作、劇場運営に携わる。96年に文学座 演劇制作部に入社(〜2006年)。2002年、企画事業部を新設、同部長。翌年、演劇制作部を企画事業部に統合、同部長。2006年7月〜2010年3月、長野県松本市立「まつもと市民芸術館」プロデューサー 兼 支配人。2010年4月〜2013年7月、神奈川県立「KAAT 神奈川芸術劇場」(2011年1月開館)支配人。2013年8月より、「ロームシアター京都」(2016年1月開館)支配人 兼 エグゼクティブディレクター。 98年度、文化庁在外研修員(ロンドン)。

田中誠一 / プロデューサー/シマフィルム株式会社

京都朝日シネマをはじめいくつかの劇場スタッフ(モギリ〜映写)を経験し、京都・大阪で自主上映企画を実施しつつ、映画祭運営、映画制作に参加。関西の劇場公開映画の宣伝を請け負っていた頃、『おそいひと』の公開に携わったことを契機にシマフィルム入りし、『堀川中立売』(2010年)製作から始まるシマフィルムの京都連続シリーズ(『天使突抜六丁目』『太秦ヤコペッティ』)製作に参加。また、映像制作ラボKyotoDU主要メンバーとしても活動。2013年より元・立誠小学校を拠点に〈立誠シネマプロジェクト×シネマカレッジ京都〉事業を立ち上げ、番組の編成、イベントや講座の企画運営および現場責任者を担う。2017年、当事業を元・立誠小学校から移転し、〈出町座(仮)〉を立上げる。

小野友資 / Motion Designer / YUYBOOKS代表 / 京都精華大学非常勤講師

1980年、神戸生まれ。2007年より1-10designに参加、モーションデザイナーとしてウェブサイトからデジタルサイネージまで様々なフィールドに渡る制作に関わる。在籍中の2013年個人活動としてYUYBOOKSオープン。本をコミュニケーションツールとし、企画やデジタル作品を展開。2016年よりデジタルの活動をフリーランスへ。デジタル領域のクリエイティブディレクションから海外のスタートアップまで多岐にわたり取り組んでいる。デジタルばりばりつかってアナログなもの集めています。

西村孝平 / 株式会社八清代表取締役社長

学校卒業後、積水ハウス京都営業所に入社。主に賃貸アパートの請負業の営業の仕事をして1975年に株式会社八清に入社、2002年に代表取締役に就任。16年前から京町家のリノベーションに取り組み、今はシエアハウス、宿屋、マンスリー、シエアーオフィスといろんな京町家のバリエーションを開発し京町家の取扱量は年間80軒に及ぶまでになりました。40年を超える京都での不動産営業経験を糧にした市況分析や情報収集は業界随一。その経験値から京町家相談員、空き家相談員をこなしながら業界のみならず、行政や地域など多方面から講師として招聘されることもしばしば。気取らない気さくな人柄で面倒見がよく、大小さまざまな仕事が舞い込み、スケジュールは常にいっぱい。趣味は月に100キロ走るジョギング。旅先にはジョギングシューズを持参して、町並みを観察しながら走ることが楽しみ。

今回の教室:ワコールスタディホール京都

住所:京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル1・2階
電話:075-556-0236 (お問い合わせ受付時間:火曜~金曜 9:30~17:00 ※祝日のぞく)
※ 授業内容につきましては、京都カラスマ大学までお尋ねください。当日の連絡先:080-6177-0775(京都カラスマ大学)

最寄り駅:京都駅八条口より徒歩7分
※会場には駐車場、駐輪場がございませんのでご了承ください。

<バリアフリーに関して>
バリアフリー設計ではありません。ご来場の際は、お手数ではございますが、事前に京都カラスマ大学事務局までご連絡ください。当日スタッフが対応させていただきます。
京都カラスマ大学事務局(karasuma@univnet.jp)

地図を見る

スクール、ライブラリー・コワーキングスペース、ギャラリーに、さまざまな美を収集。 学びを通して女性の好奇心を満たし、美しいかたち、美しい生き方、美しい関係をみらいに向けて紡いでいくー。そんな場所を目指して、ワコールが2016年10月に開設した学びのスペース。

レポートタイトル:場所が無くなってしまうなら、みんなで協力して作りたい。

この夏京都の町に広まった2つのニュースには

びっくりしてちょっと悲しんで、
でも期待でドキドキするような
とても複雑な気持ちでした。



1つは、立誠シネマが閉じてしまうけれど、
出町の桝形商店街に「出町座(仮)」として移転すること。


もう1つがアトリエ劇研が閉じてしまうので、
新しく東九条に「Theatre E9 kyoto」をつくる
プロジェクトが立ち上がったこと。



いつまでもあると思うな文化スペース。

ときどきフラリと立ち寄って文化を享受して、
運営のことは特に気をとめたこともなく...

...


閉める段階になってえええと驚き焦ってしまう。



そんな私みたいな方、
たくさんたくさんいらっしゃるのでは?


そんな人でも運営をちょっと
お手伝いできる時代が来ています。

よっ、インターネットのちから!


それがクラウドファンディング。


何かをつくりたいひとが
WEBを介して世の中に呼びかけ、
広く資金を集める仕組みです。



今回の授業では、
クラウドファンディングで資金を集めている
2つの団体が登壇してくださいました。



まずお話してくださったのは、
旧・立誠シネマを運営してきた
シマフィルム株式会社の田中誠一さん。


立誠シネマは木屋町の元・立誠小学校にありましたが、
この授業の直前、2017年7月末に閉館。


これまで立誠学区の地元の方々の
「文化的」なことで町づくりをしていこうという
熱い思いもあり活動してきたのだと田中さんは言います。


そんな市民の方々と結びつきながら
活動をしていくことを念頭に、
今度は、出町の桝形商店街で再スタートを切るのだそう。


出町界隈の方々も
「いつできんの!?」「はよやって!」と
期待感が高まっている様子です。



でも、田中さんははっきりと言います。
「映画館は儲からない」


一緒に登壇してくださった
「YUY BOOKS」の小野友資さんもうなずきます。

「本屋も儲かりません」


※小野さんは出町座では映画館に併設する本屋さんを担当します。



それでも文化的なことをやり続ける
理由が気になるところですが、

「しゃーないなぁ、、、」
とシマフィルムの志摩社長はおっしゃったそう。


京都人特有の「しゃーない」です。

「しゃーないなぁ、ほな、やろか」

次の場所には、映画と本、それからカフェも併設します。
文化的にリンクする要素が複合することによって、

広い間口でいろいろな人たりが行き交う場所を目指し、
出町座(仮)の形ができました。
出町座(仮)の挑戦は、

目標金額は3,000,000円のところ
なんと3倍を超える9,413,645円集まって、8/31に終了。



次に登壇してくださったのは、
「アトリエ劇研」ディレクターのあごうさとしさんと

「ロームシアター京都」支配人の蔭山陽太さん。


お二人は現在、「Theatre E9 Kyoto」という
小劇場を中心としたギャラリー、カフェ、

アーティストレジデンスを含む複合施設をつくるため、
日々奔走しておられます。



下鴨神社北にある小劇場、アトリエ劇研の閉館にともない、

東九条に100年続く小劇場をつくろうということで
動き出したプロジェクトです。


アトリエ劇研は客席と舞台が一体となった四角い空間で、
ブラックボックスという形でした。

ここが8/31に閉館すると、
京都でブラックボックスの劇場はロームシアター京都の
ノースホールのみとなります。

若手の発表の場がまたひとつ無くなりました。


ロームシアター京都支配人の蔭山さんが
小劇場をつくる活動に参加するのは矛盾しないのか?
とよく聞かれるそうですが、

小劇場は「発表の場」だけでなく「クリエーションの場」、

その両方がなくなってしまうとのことで
危機感を感じているとのこと。

アートが育っていく場所がなくなってしまいます。


「こちらも、しゃーないなァ、ですよ(笑)」
ということで一緒に活動しているそう。

また、東九条もこれからどんどんおもしろくなっていく土地です。
京都市立芸大の移転も本格化し、
街の地図が変わっていく時に立ち会えること、
それから地域と文化をいかに結び付けていくかを試していけること。

そんな変化を目前で見れるのも
今回のクラウドファンディングでの
支援に関わる醍醐味かもしれません。


京都はもともと演劇の盛んな場所。


文化庁が移転を決めた場所で、
文化が衰退していくのはゆゆしき事態です。


でも、劇場をつくるということは、資産に関わること。
公的な援助制度はないのだそうです。
これが、クラウドファンディングで
民間からの資金調達を目指している理由です。



最後に、コーディネイターの高橋マキから
こんな言葉の紹介がありました。



”シビックプライド”。



シビックプライドとは、
シビック(市民の)+プライド(誇り)を合わせた言葉です。

 住む場所が素敵な街であり続けることを、
自分ごととして捉え、責任感をもって活動する。

 
シビックプライドのある人々が、
文化施設と関わりながら、創設にも維持にも協力していけたら。

そんなことがクラウドファンディングでは可能、というわけ。

「しゃーないから」でも「エライコッチャ」でも。
京都でこの夏生まれた2つの拠点をみんなで応援しませんか。
私も、楽しみつつ、できる形で関わっていきたいです。

田中さんはいいます。
「世界の誰からも知られなくても場は作るけれど、
 支援してくださる方々と運営側が関わることができる」
それがクラウドファンディングの魅力です。

(レポート:持木百合香、写真:稲田光児)

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://karasuma.univnet.jp/subjects/trackback/267/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


レポートUP
カテゴリ:【社会】
定 員 :40人
参加対象:どなたでも/クラウドファンディングに興味のある方/新規プロジェクトのマネタイズに興味のある方