京都カラスマ大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. ゼミ・サークル
  8. 支援サポーター
  9. 姉妹校

授業詳細

【日本文化】

【午前の部】400年の歴史、教科書には載ってない〈伝統×さいご〉+〈漆×ing〉のヨモヤマ話

2017年08月26日(土) 10時15分 ~ 12時30分    教室:龍谷大学 龍谷ミュージアム
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
※1:本授業の抽選は8月10日(木)に行います。抽選予約受付は8月10日(木)20時までです。
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、8月24日(木)20時まで先着順でお申し込みを受付いたします。
※3:当日、ミュージアム入館料として「おひとり500円」をいただきます。釣り銭なきようご用意ください。
※4:こちらは、【午前の部】です。


わたしたちが暮らす古の都、京都には、
連綿と受け継がれる文化が沢山あります。

たとえば伝統芸能、たとえば伝統工芸。

でもよく考えてみると、
映画館に行くように気軽に観に行く
芸能ってありますか?
普段使いの日用品やキッチンツールに
工芸モノってありますか?

娯楽やモノに溢れている現代の暮らしも、
「伝統(ホニャララ)」と言われると、
少し距離を置いてしまう、、、
という人って、僕だけじゃないはずです。
そこで今回は、
そんな「高嶺の花」のような
イメージのある「伝統工芸」を、
少し別角度から見てみたいと思います。

フューチャーするのは漆器。

教室は、西本願寺前の門前町で開催される展覧会です。
先生は、この展覧会を企画した、
京都漆器青年会のみなさん。工芸の若き担い手です。
展覧会のタイトルは「いつか、さいごの一杯」。
少しドキッとするような展覧会名ですが、
そこには十人十色の未来に向かう物語の綴られた、
ほかに替えの効かない漆器が一堂に会します。



みなさんも、消耗し消費していくモノの中に、
値段にかかわらずそんな価値のある
「自分にとっての逸品」を
ひとつ持っていたりしませんか?

いつもは縁遠そうな「伝統(ホニャララ)」も、
「自分にとっての逸品」
「自分だけの価値感」
というフィルターをかけて眺めると、
きっと、何か違うものが見えてくるはず。

そして後半は、
ミュージアムツアーに出発します。
木田館長によるミニレクチャーで、
仏教美術に対する理解を深めてから
みんなでツアーに出発しましょう。
そこにもきっと、インドから日本へ、世界へ、
ひろく伝播するだけの価値ある
逸品がたくさんあるに違いありません。

400年もの長きに渡って
人から人へ文化が伝播される
ここ西本願寺前の門前町で、
見て、聞いて、考えて、
感じる一日を一緒に過ごしましょう。


【当日の流れ】
10:00 受付開始@和泉屋旅館
10:15 始まりのあいさつ
10:30 龍谷ミュージアムに移動
11:00 京都漆器青年会メンバーによるギャラリートーク
11:30 木田館長のミニレクチャーと、ミュージアムツアー
12:30 アンケート記入後、解散

(授業コーディネイター:木村英一(門前町まちかどコンサート実行委員会))

京都漆器青年会 /

京都漆器工芸協同組合の下部組織で、京漆器に関わる45歳迄の製造者、販売者、資材製造販売者が加入する任意団体。作品展、商品開発、研修会等、様々な活動の企画・実施をとおして、会員の資質向上を目指し、京漆器の普及に精力的に取り組む。2007年より会員のみを対象としていた「うるおい漆展」を公募展として開催。若手作り手のネットワーク構築を進める。

木田知生 / 龍谷大学 龍谷ミュージアム館長

2015年4月より「龍谷大学 龍谷ミュージアム」館長に就任。中国近世史の研究を専門とし、著書「司馬光とその時代(中国史人物選)」や共同執筆「中国人物列伝Ⅰ~Ⅳ」などの中国近世についての書籍を出版する。1998年4月より龍谷大学文学部教授に就き、教壇と龍谷ミュージアムの重職を担っている。

今回の教室:龍谷大学 龍谷ミュージアム

住所:京都市下京区堀川通正面下ル(西本願寺前)
TEL:075-351-2500
※授業内容につきましては、京都カラスマ大学(080-6177-0775)までお尋ねください。

最寄り駅:市バス「西本願寺前」下車徒歩2分、「七条堀川」下車徒歩3分。地下鉄烏丸線「五条駅」下車徒歩10分。

<バリアフリーに関して>
バリアフリー設計です。安心してご来場ください。また、当日スタッフが対応させていただきます。京都カラスマ大学事務局(karasuma@univnet.jp)

地図を見る

西本願寺の御影堂門前に2011年に開館した、日本初の仏教総合博物館。龍谷大学の創立370周年事業の一環として、親鸞の750回忌にあたる2011年4月5日に開館。 3階展示室のテーマは「日本の仏教」で、龍谷大学が所蔵する国宝・重文を含む仏教関連作品を公開する。 2階展示室のテーマは「アジアの仏教」で、大谷探検隊のコレクションのほか、NHKの協力により新疆ウイグル自治区トルファンにある「ベゼクリク石窟寺院 第15号窟の回廊」を原寸大で再現展示する。

レポートタイトル:いにしえから未来へつなぐ漆と仏教

京都漆器青年会の「いつか、さいごの一杯」の展示会に行ってきましたよ。

なんかちょっとドキッとするお題ですが、そう、人生の「さいご」に飲む器を展示されていました。まだ若いうちは死と触れ合う機会が少なく、あまり考えないものですが、作品を作られている間、「さいご」について考えられていたのでしょうか。
家族を思われて、家族の分もあるコップ、よくやったと言ってやれる人生が送れたゴブレット、お相撲さんが優勝されたときにお酒を飲む大盃、、、思わず、その風景を描いてしまうような言葉と共に展示されていました。

そんな展示のなかで、龍谷大学茶道部による『ふるまい抹茶』と一緒に、漆業界の「くろめ」を担う堤卓也さんからお話を伺いました。

漆は樹液のひとつで、木を傷つけて漆を取り出し、器などに塗られています。その間に工程あり、それが「くろめ」だそうです。イメージとしては、原料から絵具を作っているような感じでしょうか。木から絞り出したばかりの生漆を、塗りやすいようにゴミを取り除き精製し、均一に混ぜ、水分を蒸発させ、元々カフェオレ色だった生漆が、私たちの目にするような漆の黒い色になります。だから「くろめ」なんですね。木から取り出したものなので、質が均一ではなく、また漆を塗る商品や、工房、気候によって乾きやすさを変えられて、塗り工程が安定的にできるようにするのが「くろめ」のお仕事の難しいところだそうです。

紀元前から使用され、普通から目にすることもある漆塗りの食器ですが、実は存亡の危機にあるそうです。漆の木は、十数年かけて育てるのですが、一度漆を取るとその木は枯れてしまいます。ですが漆を育てる担い手が少ないというのです。そこで漆の木を育てるといった取り組みも、京都漆器青年会ではされています。みなさんの努力が実って、これからも温かみのある漆の食器を使っていけるといいですね。

うるしのいっぽ
https://www.urushinoippo.com/factorygallery/


後半は、展示会会場になっている龍谷大学ミュージアムを木田館長に案内いただき鑑賞しました。

左手の指先が右手の手のひら、右手の指先が左手の手のひらに少し浮いた状態で合わせた仏像や、仏様がお生まれになった時の「天上天下、唯我独尊」のポーズの仏様。また国別のお経視聴覚コーナーがあり、仏教のルーツを知れる展示となっていました。
宗教と聞くと、つい敬遠しがちなところがありますが、純粋に芸術品としても楽しめる展示であり、受講生からは、また別の日に落ち着いてみたいという声が複数寄せられました。また、ミュージアムシアターには、ユニークな仕掛けがありますので、こちらにもぜひ足を運んでみてください。

ひとりの受講生の方が、「食事の時に妻と、さいごの一杯について語りたい」とおっしゃっていました。きっと、素敵な一杯について語られていることでしょう。

あなたはどんな一杯を思い浮かべますか。


(レポート:かなっぺ カメラ:まこ)

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://karasuma.univnet.jp/subjects/trackback/268/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


レポートUP
カテゴリ:【日本文化】
定 員 :15人
参加対象:どなたでも