京都カラスマ大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. ゼミ・サークル
  8. 支援サポーター
  9. 姉妹校

授業詳細

【生物/科学】

エッグサイティング! 卵の知られざる可能性
ー第111回農芸化学会サイエンスカフェー

2018年02月24日(土) 15時00分 ~ 17時15分    教室:京都ペレット町家ヒノコ
  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
※1:本授業の抽選は2月12日(月)に行います。抽選予約受付は2月12日(月)20時までです。
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、2月22日(木)20時まで先着順でお申し込みを受付いたします。
※3:茶菓代として「おひとり500円」をいただきます。釣り銭なきようご用意ください。
あらゆる料理のメインになったり、名脇役になる卵。
シンプルな調理ほど難しくて、身近でなじみ深い食材なのに奥が深い。
でも、卵の奥深さは料理だけではなさそうです。

卵を研究して40年(!!)のプロ中のプロ、八田一先生は熱く語ります。

「卵は母乳に匹敵する良質なタンパク質源であり、
 食べておいしく、健康にもよいと3拍子そろった食品です。
 同時に、卵はヒヨコを生み出す〈生命のカプセル〉でもあります。
 卵の中には、生命のもととなるさまざまな成分や、
 親鳥から移行した免疫抗体も備わっています」



卵の栄養・調理・健康機能に関する研究が、
今年で40年目の八田先生にしても
「卵にはまだまだ解明されていない
 たくさんのエッグサイティングな研究テーマが隠れている」
とのこと。

授業ではそんな八田先生の研究の一部をお話しいただくとともに
受講者から沢山の質問攻めをして
料理に活かせるコツや、卵を利用したこれからの可能性など
“エッグサイティング(Egg+Exciting)”に語り合いたいと思います。

どんな些細なことでも大丈夫。
みなさん、卵にまつわる質問を考えてきてくださいね。
卵への愛、深めてみませんか。


【当日の流れ】
14:45 受付開始
15:00 はじまりの挨拶
15:10 農芸化学会・八田先生のご紹介
15:20 八田先生のエッグサイティングな「卵のおはなし」
    (ワークショップ)「黄身返し卵を作ってみよう」
16:30 卵問答(質問大会)
17:15 アンケート記入後、解散


※本授業は、日本農芸化学会と京都カラスマ大学のコラボレーション授業です。
第111回サイエンスカフェ
(主催:日本農芸化学会/共催:日本学術会議農芸化学分科会、京都カラスマ大学)


(授業コーディネイター:堀内仁美)

八田 一 / 理学博士/京都女子大学家政学部食物栄養学科 教授

身近な食品であるたまごを材料にして栄養・調理・健康機能に関する研究を進め、今年で40年目を迎える。2500年前のヒポクラテスの言葉“ Let food be your medicines and medicines be your food. ”が示すように、近年の高齢化社会に向けて、まさに食物が担うべき役割を追求中。

今回の教室:京都ペレット町家ヒノコ

住所:京都市中京区寺町通二条下ル榎木町98番地7
TEL 075-241-6038
※授業内容、当日の連絡につきましては、京都カラスマ大学(080-6177-0775)までお尋ねください。

最寄駅
・地下鉄東西線「京都市役所前」11番出口より徒歩3分
・市バス「京都市役所前」より徒歩3分
・京都バス「寺町御池」より徒歩3分

<バリアフリーに関して>
バリアフリー設計ではありません。ご来場の際は、お手数ではございますが、事前に京都カラスマ大学事務局までご連絡ください。当日スタッフが対応させていただきます。
京都カラスマ大学事務局(karasuma@univnet.jp)
地図を見る

京町家から木と火のある暮らしを提案しているショップ。京都産の木質燃料「京都ペレット」の利用をはじめ、木や火を生活に取り入れる方法や楽しみかたを紹介しています。入り口にあるピンクのブタ(なんとバーベキューグリル!)が目印です。

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://karasuma.univnet.jp/subjects/trackback/279/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


終了しました
カテゴリ:【生物/科学】
定 員 :20人
参加対象:どなたでも/Something Newを求めている人