京都カラスマ大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. ゼミ・サークル
  8. 支援サポーター
  9. 姉妹校

授業詳細

【社会・人権】

【第2部+交流会】「京都のダイバーシティを話し合おう」〜にじいろカフェ 〜京都をみんなが暮らしやすい街にするために、明日からできることを考える一日

2018年03月31日(土) 16時30分 ~ 20時00分    教室:バザールカフェ
  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
※1:本授業は抽選制です。3月5日(月)の抽選日までに定員に満たない場合は、3月28日(水)まで先着順でお申し込みを受け付けます。
※2:第2部は参加費として「おひとり2,000円(交流会参加費込み)」をいただきます。
※3:こちらは【第2部】募集ページです。
近年、様々なメディアに
「LGBT」という言葉が取り上げられ、
前回の衆院選では多くの政党が
性的少数者に関する政策を公約に盛り込みました。

一見、セクシャルマイノリティに対する認知が
世間の人々に広がっているようですが、実際に
「今隣にいる人が、当事者
(ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、
 トランスジェンダー etc.)なのかもしれない」
という意識は低く、なにげない自分の言動が
隣にいる誰かを傷つけるかもしれません。

京都を「みんなが暮らしやすい街」にするために
わたしたちは、どうしたらよいのでしょうか?
「にじいろカフェ」は、わたしたち一人ひとりが、
家庭・職場・地域でできることを考えるトークイベントです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●第2部●
「京都のダイバーシティを話し合おう」

性別、障がい、人種、宗教、価値観などにおいて、
マイノリティな立場にいる人々が、
学校に通うとき、社会に出て働こうとするとき、
どのような問題が起こりうるのでしょうか。
差別をしてはいけない、
偏見を持ってはいけないと頭では分かっていても、
実際にそういった場面に出くわしたとき、
周りに流されて悪口を言ってしまったり、
見て見ぬふりをしてしまったことは誰にでもあるはずです。

今、社会では「マジョリティの意識の変化」を
求める声が上がっており、
それに向けた取り組みが各地で始まっています。

第2部は、大学時代LGBTサークルに所属し、
レインボーパレードを開催した白石朋也さん、
自身のカミングアウトをきっかけに
当事者として想いを伝える活動を行なっている西田彩さん、
様々な悩みを抱える若者たちと接しながら
問題の解決を目指し働き続けている横江美佐子さんと一緒に、
ダイバーシティのあり方を考えるパネルディスカッションです。

多様な人々が共生する京都という街で、
わたしたち一人ひとり、または企業、団体ができることは何なのか、
ぜひそのヒントを持ちかえりましょう。


【第二部+交流会の流れ】
16:30 開場、受付開始
16:40 はじまりの挨拶 ・先生の紹介
16:50 第二部「京都のダイバーシティを話し合おう」
18:20 記念写真撮影
18:30 交流会
20:00 記念写真撮影、解散

(授業コーディネイター:熊沢紗世)


▶︎▷▶︎本授業は、第2部です◀︎◁◀︎
※第1部に参加をご希望の方は、こちらから
※授業後の交流会のみに参加をご希望の方は、こちらから

●展示ブース参加団体
color*study/京都精華大学 セイカセクマイマイ
立命館大学 color-free/京都市ユースサービス協会

白石朋也 / 立命館大学 color-free元代表

1992年生まれ。茨城県出身。 立命館大学在学中に、LGBTサークル「color-free」の代表を務めると共に、学内ダイバーシティをテーマとした「Rits Rainbow Week」を主宰。LGBTの他、HIV/AIDS、障がい者、在日外国人に関する勉強会などを企画。また、中高生LGBT支援団体「Plantseeds」を立ち上げ、10代を主な対象としたスタディーツアーを実施。卒業後はPR会社に就職。主に医薬品や日用品のPRを担当している。

西田彩 / 音楽家・大学講師

兵庫出身。音楽家、デザイナー。 京都精華大学・甲南女子大学非常勤講師。 MtF(男性から女性へ性別を移行した人)であることを公表しており、性的マイノリティに関する講演やセミナー、関連団体のアドバイザーなどを行っている。

横江美佐子 / 京都市南青少年活動センター シニアユースワーカー

大阪生まれ。 日本福祉大学社会福祉学部卒業後、公益財団法人京都市ユースサービス協会事務局、京都市中京青少年活動センター等での勤務を経て現職へ。思春期保健相談士の取得後は、若者のセクシュアルヘルスに関する課題や、デートDV(恋人間の暴力)についての事業化に取り組んできた。現在は、若者が自由に出入りできる居場所づくりも担当している。

今回の教室:バザールカフェ

住所:住所:京都市上京区岡松町258
電話:075-411-2379

※授業内容につきましては、京都カラスマ大学までお尋ねください。
当日の連絡先:080-6177-0775(京都カラスマ大学)

最寄り駅:京都市地下鉄「今出川」駅より、徒歩約3分

<バリアフリーに関して>
教室はバリアフリー設計です。安心してご来場ください。
京都カラスマ大学事務局(karasuma@univnet.jp)
地図を見る

セクシュアリティ、年齢、国籍など、さまざまな背景をもつ人々がありのままの姿で受け入れられ、それぞれの価値観が尊重され、社会の中で共に生きる存在であることを相互に理解し合う場の創出を目指し、始まったカフェプロジェクト。働く人、訪れる人みんなの”居場所”として、約20年間多くの人々に愛され続けている。

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://karasuma.univnet.jp/subjects/trackback/283/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


終了しました
カテゴリ:【社会・人権】
定 員 :20人
参加対象:どなたでも