京都カラスマ大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. ゼミ・サークル
  8. 支援サポーター
  9. 姉妹校

授業詳細

【他団体主催】

【振替開催】超入門! おとなの古典 〜人生で大切なコトは、隠れた名作に学べ!?〜

2018年10月19日(金) 18時45分 ~ 21時00分    教室:ロームシアター 3F 会議室2
  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
※1:本授業は<先着制>です。10月18日(木)20時まで先着順でお申し込みを受付いたします。
※2:受講料として「おひとり1000円」をいただきます。
※3:本授業は、台風24号のため延期となった9月30日(日)授業の振替開催です。教室が変更となっているので、お気をつけください。
今回の授業は、いつも以上に授業コーディネーターの趣味嗜好が全開の内容です(笑)。

その内容は、2019年2月にロームシアター京都で上演される演劇、木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)』を、より深く楽しむための事前講座を一緒に受講しましょう、というお誘いだから!

「木ノ下歌舞伎(愛称キノカブ)」とは、授業コーディネーターのヤマグチが愛してやまない京都生まれの劇団のこと。旗揚げは2006年で、現代の若者コトバあり、ストリートファッション風の衣装ありと、さまざまなアプローチや演出で、古典である歌舞伎を身近な「現代演劇」として再構築。一見現代社会とはかけ離れた歌舞伎の物語から、普遍的な人間の性やおかしみ、悲しみ、愛おしさがリアルに浮かび上がってくるのが痛快なんです! あれ、どの時代も悩みや喜びは一緒やん!って。

その次回の上演作品が『糸井版 摂州合邦辻』。大阪を舞台に、お家騒動に偽の恋、誠の愛が複雑に絡み合った名作の魅力を、近世文学・演劇研究のホープである日置貴之先生がわかりやす〜く読み解いてくださいます。もちろん、質問者として木ノ下歌舞伎を主宰する木ノ下裕一さんも登場されますよ。

一人で参加するのは「ハードル高いっす!」という皆さん、ぜひスマ大と一緒に参加しましょう!! 芸術の秋、時代を越えて愛される「古典」の魅力にふれてみませんか?

【当日の流れ】
18:30 受付開始
18:45 授業前のあいさつ&授業の楽しみ方伝授
19:00 授業開始 
    木ノ下歌舞伎スピンオフ!プログラム 古典精読講座 第1回「古典の中の恋〜『摂州合邦辻』にみる「本心」のありか」
21:00 講座終了
21:10 写真撮影&アンケート記入後、解散

※本授業内容は、ロームシアター京都が主催する《木ノ下歌舞伎スピンオフ!プログラム 連続講座》「語り継がれる物語、古典への旅」の初回となります。今後の開催日程は、第2回 10/19(金) 15:00〜17:00、第3回 11/30(金)、第4回 12/13(木)です。詳細は ロームシアター京都ホームページにて。

(授業コーディネイター ヤマグチノリコ)


《木ノ下歌舞伎とは?》
http://kinoshita-kabuki.org

《本公演》
木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』
2019/2/10(日) ~ 2/11(月) ロームシアター京都
https://rohmtheatrekyoto.jp/event/47948/

日置貴之 / 白百合女子大学准教授

1987年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。江戸時代末期から明治時代を中心に歌舞伎を研究している。著書『変貌する時代のなかの歌舞伎 幕末・明治期歌舞伎史』(笠間書院、2016年)、『近世日本の歴史叙述と対外意識』(共著、勉誠出版、2016年)など。

木ノ下裕一 / 木ノ下歌舞伎主宰

1985年7月4日、和歌山市生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。代表作に『娘道成寺』『黒塚』『東海道四谷怪談—通し上演—』『心中天の網島』『義経千本桜—渡海屋・大物浦—』など。 2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。また、2016年に上演した『勧進帳』の成果に対して、平成28年度文化庁芸術祭新人賞を受賞。平成29年度芸術文化特別奨励制度奨励者。渋谷・コクーン歌舞伎『切られの与三』(2018)の補綴を務めるなど、外部での古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。

林立騎 / 翻訳者、演劇研究者

訳書にイェリネク『光のない。』(白水社)、共編著に『Die Evakuierung des Theaters』(Berlin Alexander Verlag)。リサーチ活動にPort B『東京ヘテロトピア』など。2012-14年、アーツカウンシル東京調査員(伝統芸能分野)。現在、京都造形芸術大学非常勤講師、沖縄県文化振興会チーフプログラムオフィサー、NPO法人芸術公社ディレクターズコレクティブ。ロームシアター京都リサーチプログラムリサーチャー。 撮影:Shintaro Wada

今回の教室:ロームシアター 3F 会議室2

住所:住所:京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター 3F
電話:075-771-6051
※授業内容につきましては、京都カラスマ大学までお尋ねください。
当日の連絡先:080-6177-0775(京都カラスマ大学)

最寄り駅:地下鉄東西線「東山駅」から徒歩10分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」から徒歩5分、「東山二条・岡崎公園口」から徒歩5分
地図を見る

「京都会館」として、50年間にわたり京都の文化の殿堂として親しまれてきたコンサートーホールで、2016年にリニューアルオープン。舞台芸術公演が行われる3つのホール(メインホール、サウスホール、ノースホール)に加え、ブック&カフェ(京都岡崎 蔦屋書店)、レストランなども併設する。

<バリアフリーに関して>
教室はバリアフリー設計です。安心してご来場ください。

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://karasuma.univnet.jp/subjects/trackback/296/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


申込受付中(先着)
カテゴリ:【他団体主催】
定 員 :10人
受付開始:2018年10月06日(土) 17時00分
受付終了:2018年10月18日(木) 20時00分
参加対象:どなたでも。歌舞伎や古典が苦手な方も。
応募方法:WEBフォームより<先着制>でお申し込みを受付いたします。
※1回のお申し込みにつき、1名様の受講となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回のお申し込みは出来ません。


補足:【入場】教室には集合時間までに必ずご到着ください。
【交通手段】当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用ください。近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。
【撮影】当日、コーディネイターの指示に従ってください。

当日の持ち物:受講料おひとり1,000円、筆記用具