京都カラスマ大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. ゼミ・サークル
  8. 支援サポーター
  9. 姉妹校

授業詳細

【校外学習】

京都カラスマ大学ツーリズム2
森は一冊の本となりまして@沖縄

2009年04月10日(金) 19時00分 ~ 2009年04月12日(日) 16時30分    教室:BEACH ROCK VILLAGE
  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
※1:本授業は、2泊3日の<現地集合型ツアー>となります。
※2:本授業へのお申し込みは「先着順」となっております。申込締切日は、4月1日(水)0時までとさせて頂きます。(ただし、定員となり次第締め切らせて頂きます。)
※3:本授業は旅行業法上、トップツアー株式会社の旅行企画・実施となります。
※4:定員をオーバーしてお申込があった際にはキャンセル待ちの受付とさせて頂き、後日京都カラスマ大学事務局よりその旨をメールにてご連絡させて頂きます。
※5:本授業は姉妹校シブヤ大学との共同授業です。
「圧倒的な自然をまえに、人は何ができるだろう」

今回のツーリズムは、そんな思いを掻きたてる、沖縄県北西部の森へ出かけます。
森に一歩踏み入れば、手づくりのツリーハウスに、ストローハウス。その間々をつなぐように、有機的な建物(一枚の板は、ピザの焼く者にとっては厨房の雨風しのぐ屋根となり、一杯のコーヒーを飲む者には風を感じる椅子となる)にぽつりぽつりと佇みます。
「ここにいたら、ひとは確かに、土をいじりはじめるだろう。そして、野菜や羊を育て、雨風をありがたいと思うようになるだろう」。
そんな、“LOHAS”や“田舎暮らし”という言葉が歩きだす前にあった感覚が沸き起こる場所。頭でなく体で、見えていなかったものの存在に気づかせてくれるものがあります。

そして、「圧倒的な自然をまえに、人は何ができるだろう」という問いに向き合うひとつとして、文筆家・伊勢華子が、森を一冊の本にします。
ページをめくるように、歩き、立ち止まっては、木の高きよりつるされたブランコに添えられた言葉を拾います。いつもとちょっと違う場所で、森の中にある言葉を感じながら、火を囲み、誰かに手書みを書きたくなるようなのんびりとした時間を過ごしたいと思います。

一本の木が立っているように、一人の人が立っている。
どちらも尊いなかで、思いは、言葉は、いったいどこまで届くのでしょうか。
(授業コーディネーター:川村庸子/シブヤ大学)

■プログラム1 『朝のそうじ』
馬と牛、山羊の朝の世話をおこないます。小屋のそうじをし、餌をあげ、肥料をつくる。一汗かいたあとには、湯気のたつ朝ごはんが待っています。

■プログラム2 『朝食づくり』
釜でごはんを炊き、畑から必要な分だけ採った野菜をつかって、みんなのご飯をつくります。

■プログラム3 『BEACH ROCK VILLAGE案内&探検』
ツリーハウスや畑にブランコ、地図をお供に森の探検です。

■プログラム4 『ネピア刈り』
家畜の大事な餌になるネピアという植物を刈りにいきます。自分より背の高いネピアを、どれだけ刈ることができるでしょう。

■プログラム5  『森は一冊の本となりまして』
<伊勢華子の話>
「圧倒的な自然をまえに、人は何ができるだろう」。冒頭にもあるこの問いは、この森に来て、伊勢華子が最初に感じたことでもあります。その一瞬にはじまり、森を一冊の本とし、語らうことになったいきさつ、そして、「ひとの思いはどこまで伝えられるのだろう」という大きな問いにまつわる話を聞きます。


■プログラム6 『この森で暮らして思うこと』
<『BEACE ROCK VILLAGE』の話> 
何から何まで手づくりの『BEACE ROCK VILLAGE』。廃材を利用してつくった家や工房があり、畑を耕し家畜を育て、自然エネルギーを活用しながら生活を営んでいます。その暮らしに込められた3年間の思いを伺います。

【場所】
【BEACH ROCK VILLAGE】
別名“風の谷”ともいわれる場所。自分たちで創れるものは、自分たちで創る。音楽と自然を愛するメンバーが、自然エネルギーを活用しながら生活を営む、衣食住の自給自足に挑戦する村。

・テントキャンプ
テントに2名1組(男女別)で泊まり、虫の音色に耳を傾けながらのキャンプです。

・五右衛門風呂
入浴は一人ずつ。シャワーか五右衛門風呂かを選ぶことができます。

【スケジュール】
<金曜夜:1日目> (お食事 : 夕○)
19:00 ゆいれーる「美栄橋」駅南口下(改札口を出て、右の階段を降りた場所)集合
19:30 夕食@第一牧志公設市場『道頓堀亭』
20:30 バス出発
23:00 到着
就寝 
※希望者は、バーで沖縄のお酒などをお楽しみください。
<土曜日:2日目> (お食事 : 朝○ 昼○ 夕○)
7:00 起床
7:30 プログラム1『Aチーム:朝のそうじ』 プログラム2『Bチーム:朝食づくり』
8:30 朝食
9:30 プログラム3『BEACH ROCK VILLAGE案内&探検』
12:00 昼食
13:00 プログラム4『A+Bチーム:ネピア刈り』
15:00 自由時間
17:30 夕飯づくり(希望者)
19:00 夕飯
20:30 プログラム5『森は一冊の本となりまして』<伊勢華子の話>
21:30 プログラム6『この森で暮らして思うこと』<『BEACE ROCK VILLAGE』の話> 
就寝
<日曜日:3日目> (お食事 : 朝○ 昼×)
7:00 起床
7:30 プログラム7『Aチーム:朝食づくり』 プログラム8『Bチーム:朝のそうじ』
8:30 朝食
自由時間
12:00 昼食
※昼食代は、カフェにて各自負担となります。注文は、朝食時におこないます。
14:00名護から国際通り周辺に移動
16:30 国際通り周辺(モノレール「県庁前」駅近く)現地解散
※尚、当日の交通事情により、帰りの際の到着時間が変更となる場合もあります。予めご了承下さい。

【注意事項】


※1:本授業は、2泊3日の<現地集合型ツアー>となります。

※2:集合場所から解散場所までの交通費、食事(5回分)、宿泊費、プログラム費、保険等の代金として、お一人あたり「38,000円」をご旅行代金として頂戴いたします。

※3:3日目の昼食は、上記2の代金には含まれておりません。カフェがございますので、各自ご負担ください。バーでの飲食代も含まれておりません。

※4:森での生活を快適に過ごすために以下の持ち物を必ずご持参下さい。【保険証、ビーチサンダル、帽子、タオル、バスタオル、歯ブラシ、コップ、虫除けスプレー(吊るすタイプは効果がありません)、長袖・長ズボンの作業着(ケガをしないように七分丈などはご遠慮下さい)】。また、読みたい本、手紙セットなどは、ご自由にお持ち下さい。

※5:お申し込みいただいた方には、京都カラスマ大学事務局(karasuma2@karasuma.univnet.jp)より内容確認および振込案内についてのメール(注)を送らせていただきますので、メール到着より<5日以内>にご入金ください。
(注)授業申込み時に記載頂いたメールアドレス宛に事務局より確認のメールを送らせて頂きます。こちらからメールが送れない場合もキャンセル扱いとなってしまいますので、メールアドレスの正確な記載を宜しくお願い致します。
【ご注意】キャンセルの際は必ず京都カラスマ大学事務局までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

※6:最少催行人員は14名以上とし、添乗員は同行、バスガイドは乗務いたしません。

※7:宿泊は「テント」に2名1組(男女別)でのキャンプとなります。浴衣・タオル・歯ブラシ(洗面具)等はございませんので各自にてご用意ください。トイレ・お風呂(シャワー)・洗面所は共同です。ボディーソープ、シャンプー、リンスは、自然に還りやすいものを予めご用意しています。そちらをお使いください。

※8:お申込みいただいた皆様は、次に定める取消料をお支払いいただくことにより、授業参加資格を解除することができます。(取消日は、事務局の営業日・営業時間内(平日10:00~17:00)にお申し出いただいた時を基準とします)。授業参加資格の成立後、取消日区分に入ってからの人員減、出発日・コースの変更は取消とみなされ、キャンセル料がかかります。お申し込み後の変更、取消については、必ず京都カラスマ大学事務局までご連絡下さい。
(京都カラスマ大学事務局TEL:075-641-8491 担当:竹内)

◆キャンセル料について
授業開始日の前日から起算して遡って、
30日~8日前:20%
7日~2日前:30%
前日:50%
当日以降:100%
授業開始後の取り消しまたは無連絡不参加:100%

※9: お客様の個人情報はお客様との連絡のために利用させていただく他、お客様がお申し込みいただいた旅行において運送・宿泊機関などの提供するサービスの手配及び受領のための手続きに必要な範囲内で利用させていただきます。運送・宿泊機関などへの個人情報の提供について同意の上お申し込みください。
個人情報について:
詳細はこちら

※10:本授業は旅行業法上、トップツアー株式会社の旅行企画・実施となります。旅行業約款・その他につきましては、下記ご参照下さい。
旅行業約款:
詳細はこちら
特別補償規程:
詳細はこちら

【企画・実施旅行会社】
観光庁長官登録旅行業第38号 日本旅行業協会会員/ボンド保証会員
トップツアー株式会社東京法人東事業部
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-13-1 日鐵日本橋ビル5階
TEL:03-3231-0466 FAX:03-3516-1951
総合旅行業務取扱管理者:秋葉 康彦
担当者:第2営業部 木原 啓介

※総合旅行業取扱主任者とは、お客様の旅行を取り扱う営業所での取引責任者です。この旅行の契約に関し、担当者からの説明にご不明な点がありましたら、ご遠慮なく上記の総合旅行業取扱管理者にご質問下さい。

伊勢 華子 / 文筆家

東京出身。高校時代にイギリスにいって以来、ボスニア難民キャンプ、サハラ砂漠でのオアシスづくりなどで世界をめぐる。現在は、地図にない日本の島々をはじめ、人の描く国境線を超えて生態系を描く野草たちのオシバナ製作で環太平洋を歩く。著書に、世界各地の子どもが宝物や世界地図を描いた絵本『「たからもの」って何ですか』、『ひとつのせかいちず』、詩集『みみをすませば』、忘れられない13篇の物語がつづられる『せかいでいちばん美しいもの』、近著予定に、『サンカクノニホン-6852の日本島物語-』。このほかの活動に、『Kinki Kids』への作詞提供、NHK『視点・論点』出演など。
伊勢華子オフィシャルサイトへ

新井 章仁 / ㈱アイランドプロジェクト 代表取締役/ビーチロックビレッジ 代表

1980年、大阪府出身。沖縄県在住。 沖縄本島北部にある、ネイチャービレッジ「BEACH ROCK VILLAGE(ビーチロックビレッジ)」を運営している。 また、同ビレッジで、「生命力アップ!」をキャッチフレーズにした「自給自足体験キャンプ」というツアーイベントの主宰も務める。

今回の教室:BEACH ROCK VILLAGE

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字謝名1331

別名“風の谷”ともいわれる場所。自分たちで創れるものは、自分たちで創る。音楽と自然を愛するメンバーが、自然エネルギーを活用しながら生活を営む、衣食住の自給自足に挑戦する村。
BEACH ROCK VILLAGEオフィシャルサイトへ

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://karasuma.univnet.jp/subjects/trackback/32/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


終了しました
カテゴリ:【校外学習】
定 員 :10人
参加対象:どなたでも